有頂天家族 二代目の帰朝(幻冬舎文庫) [文庫]
    • 有頂天家族 二代目の帰朝(幻冬舎文庫) [文庫]

    • ¥91328ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年5月30日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002762347

有頂天家族 二代目の帰朝(幻冬舎文庫) [文庫]

  • 4.86
価格:¥913(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月30日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2017/04/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

有頂天家族 二代目の帰朝(幻冬舎文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    狸の名門・下鴨家の矢三郎は、親譲りの無鉄砲で子狸の頃から顰蹙ばかり買っている。皆が恐れる天狗や人間にもちょっかいばかり。そんなある日、老いぼれ天狗・赤玉先生の跡継ぎ“二代目”が英国より帰朝し、狸界は大困惑。人間の悪食集団「金曜倶楽部」は、恒例の狸鍋の具を探しているし、平和な日々はどこへやら…。矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 内容紹介

    狸の名門・下鴨家の矢三郎は、親譲りの無鉄砲で子狸の頃から顰蹙ばかり買っている。皆が恐れる天狗や人間にもちょっかいばかり。そんなある日、老いぼれ天狗・赤玉先生の跡継ぎ〝二代目〟が英国より帰朝し、狸界は大困惑。人間の悪食集団「金曜俱楽部」は、恒例の狸鍋の具を探しているし、平和な日々はどこへやら……。矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森見 登美彦(モリミ トミヒコ)
    1979年奈良県生まれ。『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞、『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞を受賞

有頂天家族 二代目の帰朝(幻冬舎文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:森見 登美彦(著)
発行年月日:2017/04/05
ISBN-10:4344425820
ISBN-13:9784344425828
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:539ページ
縦:16cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 有頂天家族 二代目の帰朝(幻冬舎文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!