大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決を目指して [新書]
    • 大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決を目指して [新書]

    • ¥92428ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月26日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002763340

大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決を目指して [新書]

価格:¥924(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月26日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2017/03/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決を目指して の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    前作から5年、後期高齢者の医師だからこそ言える、きれいごとを排した医療と介護の真実とは。世間では2025年問題を解決すべく、様々な取り組みがなされているが、それは結局“弱っても死ねない身体づくり”をしているだけ。つまり健康寿命を延ばそうとすることで要介護期間が延び、社会全体の医療と介護費用はますます増えてしまうのだ。誰もが「ピンピンコロリ」を願うが、それは1等7億円のジャンボ宝くじに当たるよりむずかしいこと。ならば老人はどうすればいいのか?生き方、死に方についての意識が変わる、目から鱗の一冊。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 医療業界による“マインド・コントロール”は凄い
    第2章 「延命医療」と“延命介護”が穏やかな死を邪魔している
    第3章 年寄りの手遅れで無治療の「がん」は痛まない
    第4章 自然死なら「看取り」はどこでもできる
    第5章 繁殖終えたら「死」を視野に生きる、かかわる
    第6章 “真打ち”は「死に時」がきたら素直に受け入れよう
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中村 仁一(ナカムラ ジンイチ)
    1940年長野県生まれ。社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長、医師。京都大学医学部卒業。財団法人高雄病院院長、理事長を経て、2000年2月より現職。1985年10月より、京都仏教青年会(現・薄伽梵KYOTO)の協力のもとに、毎月「病院法話」を開催、医療と仏教連携の先駆けとなる。1996年4月より、市民グループ「自分の死を考える集い」を主宰し、これまでに二百五十回を数える

大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決を目指して の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:中村 仁一(著)
発行年月日:2017/03/30
ISBN-10:4344984544
ISBN-13:9784344984547
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:263ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決を目指して [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!