ぼくの村は壁で囲まれた―パレスチナに生きる子どもたち [単行本]
    • ぼくの村は壁で囲まれた―パレスチナに生きる子どもたち [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002766625

ぼくの村は壁で囲まれた―パレスチナに生きる子どもたち [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:現代書館
販売開始日:2017/04/19
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 80781位

ぼくの村は壁で囲まれた―パレスチナに生きる子どもたち の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1章 壁と入植地に囲まれたぼくの村
    2章 「占領」とは何か?
    3章 パレスチナ問題の歴史をたどる
    4章 難民キャンプの子どもたち
    5章 インティファーダ―ぼくは石を投げた
    6章 ガザ―空爆は突然やってくる
    7章 イスラエル市民はなぜ攻撃を支持するのか?
    8章 非暴力で闘うパレスチナの若者たち
    9章 米国、国際社会、そして日本は何をしているのか?
    10章 わたしたちにできること
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    高橋 真樹(タカハシ マサキ)
    ノンフィクションライター。平和協同ジャーナリスト基金奨励賞受賞。放送大学非常勤講師として「パレスチナ難民問題」の授業を担当。世界70カ国以上をめぐりながら、持続可能な社会を目指して、取材、執筆活動を行う
  • 出版社からのコメント

    子どもたちの視点で伝えるパレスチナ問題の入門書。「丁寧な取材。入門書だが内容には妥協がなく、わかりやすい」高橋和夫氏推薦。
  • 著者について

    高橋真樹 (タカハシマサキ)
    ノンフィクションライター。『イスラエル 平和への架け橋』(高文研)により平和・共同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞。世界70カ国以上をめぐって取材・執筆活動を行う。著書『ご当地電力はじめました!』(岩波ジュニア新書)、『観光コースでないハワイ』(高文研)ほか多数。

ぼくの村は壁で囲まれた―パレスチナに生きる子どもたち の商品スペック

商品仕様
出版社名:現代書館
著者名:高橋 真樹(著)
発行年月日:2017/04/20
ISBN-10:4768458025
ISBN-13:9784768458020
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:198ページ
縦:18cm
横:14cm

    現代書館 ぼくの村は壁で囲まれた―パレスチナに生きる子どもたち [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!