IoT時代のアライアンス戦略―人工知能の進化とマッチング数理モデルの提案 [単行本]
    • IoT時代のアライアンス戦略―人工知能の進化とマッチング数理モデルの提案 [単行本]

    • ¥3,02591ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年10月3日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002767784

IoT時代のアライアンス戦略―人工知能の進化とマッチング数理モデルの提案 [単行本]

こちらの商品は、近日発売予定です。
価格:¥3,025(税込)
ポイント:91ポイント(3%還元)(¥91相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年10月3日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:白桃書房
販売開始日: 2017/04/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

IoT時代のアライアンス戦略―人工知能の進化とマッチング数理モデルの提案 の 商品概要

  • 目次

    第1部 新規事業のためのIoTの収益化とアライアンスの有用性─人工知能の特性の理解
     第1章 IoTとは何か ~新規事業立ち上げのメイン・フィールド
     第2章 複合的な事業構築となるIoT ~アライアンスの主戦場
     第3章 IoTにおいて大きな役割を果たす人工知能
     第4章 IoTの事業化にあたってのポイント 
      ~ニーズの強さと損益分岐を合わせる!
     第5章 オープン・イノベーションとアライアンス活用で収益化
     コラム 新規事業の発案では,技術起点より顧客ニーズ起点が大切~ユーザー・ニーズをがっちりつかむ!

    第2部 企業間アライアンスの相互補完数理モデルの提案と応用
     第1章 本研究の概要と意義
     第2章 先行研究のサーベイ
     第3章 アライアンスの相互補完モデルの構築
     第4章 フロー・インテンシティとフロー・バランスの概念の導入
     第5章 152社のコンサルティング先企業データと評点付け方法
     第6章 相互補完強度係数のPython言語での算出と検証
     第7章 モデルの発展1:アライアンスの加算モデルの構築と検証
     第8章 モデルの発展2:アライアンスの相乗モデルの構築と検証
     第9章 本研究のまとめ~成果と今後の課題
     コラム2 数学の基礎情報 2次元上のマップでの距離の算出と正規化

    第3部 新規事業立ち上げの具体的推進─方向性の探索,営業推進,チーム構築,人工知能の活用
     第1章 企業間アライアンスを実際に推進するにあたって
     第2章 新規事業立ち上げで,どこに一歩を踏み出すか
     第3章IoT分野の新規事業においても営業推進が最重要
     第4章 人工知能の戦略的な活用とIoT全体をコーディネートする人材の必要性
     おわりに~経営判断の軸を示すための経営学
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    冨田 賢(トミタ サトシ)
    立教大学大学院ビジネスデザイン研究科教授。株式会社ティーシーコンサルティング代表取締役社長。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科・後期博士課程修了、政策・メディア博士(Ph.D.)取得。京都大学大学院経済学研究科・修士課程修了、経済学修士。慶應義塾大学総合政策学部(SFC)卒業。米国系銀行を経て、独立系ベンチャーキャピタルの立ち上げに参画し、多くのベンチャーに投資し、上場へと導く。2001年、VC会社も2年半で上場達成
  • 内容紹介

    直近の約8年で170社以上の新規事業立ち上げのコンサルティングを行ってきた著者は、自らの実務経験を元に企業間アライアンスの数理モデルを構築し博士号を取得した。アライアンス先の探索や複数のアライアンス先から最適の相手を選ぶのに役立つという。
    本書は、この数理モデルを、今後新規事業立ち上げが大きく増加すると思われるIoT分野を中心に適用し解説する。オープンイノベーションなども注目される中で、経営企画部門など提携業務に携わる方に有用。
  • 著者について

    冨田 賢 (トミタ サトシ)
    博士(政策・メディア)
    立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 教授
    株式会社ティーシーコンサルティング 代表取締役社長

    慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科・後期博士課程修了、博士号(Ph.D.)取得。
    京都大学大学院経済学研究科・修士課程修了、経済学修士。
    米国系銀行を経て、独立系ベンチャーキャピタルの創業に参画し、投資先ベンチャーや自社VCの上場を達成。元・大阪市立大学大学院・専任講師。住友信託銀行・専門職を経て、2008年~現職。約8年で170社以上の豊富なコンサルティング実績。2016年アライアンスの数理モデル研究で国際学会にてアワード受賞。2017年~立教大学MBA教授として、アライアンス戦略論やIoTやAIの事業化の科目を担当。慶應義塾大学SFC研究所・上席所員。

IoT時代のアライアンス戦略―人工知能の進化とマッチング数理モデルの提案 の商品スペック

商品仕様
出版社名:白桃書房
著者名:冨田 賢(著)
発行年月日:2017/04/11
ISBN-10:4561266968
ISBN-13:9784561266969
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:230ページ
縦:22cm
他の白桃書房の書籍を探す

    白桃書房 IoT時代のアライアンス戦略―人工知能の進化とマッチング数理モデルの提案 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!