革をつくる人びと―被差別部落、客家、ムスリム、ユダヤ人たちと「革の道」 [単行本]
    • 革をつくる人びと―被差別部落、客家、ムスリム、ユダヤ人たちと「革の道」 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002769276

革をつくる人びと―被差別部落、客家、ムスリム、ユダヤ人たちと「革の道」 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:解放出版社
販売開始日:2017/04/05
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 144988位

革をつくる人びと―被差別部落、客家、ムスリム、ユダヤ人たちと「革の道」 の 商品概要

  • 目次

    まえがき
    序章 皮革をめぐるディスコース(言説)
    第一章 革づくり人のアイデンティティ
    第二章 革づくり人たちのディスコース
    第三章 北米のユダヤ人
    第四章 シェル・コードヴァンをつくる人びと
    第五章 アジアの革づくり人たち
    第六章 姫路の「トリックスター」
    第七章 ジェネレーションXとミレニアル世代を探して
    終章 革は「ミステリー」
    あとがき めぐりあわせとは
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西村 祐子(ニシムラ ユウコ)
    London School of Economics(LSE、ロンドン大学)にて社会人類学博士号取得。駒澤大学総合教育研究部教授
  • 内容紹介

    皮革産業に携わってきた世界各地の集団は、マイノリティであるもののその技術を尊敬され、誇りを持ってきた。日本ではどうか? そして進むべきこれからの道とは? 現場をめぐりながら考え、皮革と人の新たな関係を提案する。
  • 著者について

    西村 祐子 (ニシムラ ユウコ)
    London School of Economics (LSE、ロンドン大学)にて社会人類学博士号取得。
    駒澤大学総合教育研究部教授。
    著書に『草の根NPOのまちづくり―シアトルからの挑戦』(勁草書房、2004年)、Gender, Kinship and Womanhood in Southern India,(Oxford University Press,1998)、
    Civic Engagement in Contemporary Japan: Established and Emerging Repertoires(Henk Vinkenらと共著、Springer,2012)などがある。

革をつくる人びと―被差別部落、客家、ムスリム、ユダヤ人たちと「革の道」 の商品スペック

商品仕様
出版社名:解放出版社 ※出版地:大阪
著者名:西村 祐子(著)
発行年月日:2017/03/30
ISBN-10:475926776X
ISBN-13:9784759267761
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:民族・風習
言語:日本語
ページ数:267ページ
縦:19cm
横:13cm

    解放出版社 革をつくる人びと―被差別部落、客家、ムスリム、ユダヤ人たちと「革の道」 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!