生きる大事・死ぬ大事 死を通して見えてくる幸せな生き方 [単行本]
    • 生きる大事・死ぬ大事 死を通して見えてくる幸せな生き方 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月25日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002778166

生きる大事・死ぬ大事 死を通して見えてくる幸せな生き方 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月25日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:イースト・プレス
販売開始日:2017/05/08
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 136080位

生きる大事・死ぬ大事 死を通して見えてくる幸せな生き方 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「人生のシナリオ」を受け入れ、“とらわれ”を捨てれば、幸せで、楽な人生。書店では入手不能だった「名著」が待望の復刊!人生のすべてに感謝できる38の“法則”。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「生きる」意味、「死ぬ」意味―生と死の周辺(理想の死―「私にとっての一番美しい死に方」がやってくる
    若き死―「惜しまれる死」には使命がある ほか)
    第2章 「人生のプログラム」が教えてくれること―確定的未来(透視と予知能力―潜在意識の扉を開く「1000」の法則
    死相―「未来も死ぬときも決まっている」という概念 ほか)
    第3章 全てを大事にすれば、全てが幸せ―さまざまな人生(同じドミノ―全てが大事なこと、全てが大事な人
    魂のシナリオ―全てを受け入れれば、不幸も悲劇もなくなる ほか)
    第4章 「反対側」から見れば、全てが幸せ―自由な生き方(10倍―「10のマイナス」には、「100の投げかけ」を考える
    ナースコール―「頼まれごとが多くてつらい人」は「頼まれやすい優しい人」 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小林 正観(コバヤシ セイカン)
    1948年東京生まれ。中央大学法学部卒。作家、心理学博士、心学研究家、コンセプター、デザイナー、SKPブランドオーナー。学生時代から人間の潜在能力やESP現象、超常現象などに興味を抱き、独自の研究を続ける。著書多数。2011年10月12日永眠

生きる大事・死ぬ大事 死を通して見えてくる幸せな生き方 の商品スペック

商品仕様
出版社名:イースト・プレス
著者名:小林 正観(著)
発行年月日:2017/05/15
ISBN-10:4781615406
ISBN-13:9784781615400
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
ページ数:212ページ
縦:19cm

    イースト・プレス 生きる大事・死ぬ大事 死を通して見えてくる幸せな生き方 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!