敗者の想像力 [新書]
    • 敗者の想像力 [新書]

    • ¥84226ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2018年9月21日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002782427

敗者の想像力 [新書]

価格:¥842(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2018年9月21日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2017/05/17
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 189343位

敗者の想像力 [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    一九四五年、日本は戦争に負け、他国に占領された。それから四半世紀。私たちはこの有史以来未曾有の経験を、正面から受けとめ、血肉化、思想化してきただろうか。日本の「戦後」認識にラディカルな一石を投じ、九〇年代の論壇を席巻したベストセラー『敗戦後論』から二〇年。戦争に敗れた日本が育んだ「想像力」を切り口に、敗北を礎石に据えた新たな戦後論を提示する。本書は、山口昌男、大江健三郎といった硬派な書き手から、カズオ・イシグロ、宮崎駿などの話題作までを射程に入れた、二一世紀を占う画期的な論考である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    はじめに 想像力にも天地があること―小津安二郎、『敗北の文化』、カズオ・イシグロ
    第1部 敗者の日本(私たちが被占領民だったころ―W.G.ゼーバルト、林達夫、朴泰遠
    占領下の文学―第三の新人、曽野綾子、大江健三郎、目取真俊
    ゴジラは死んで、どこに行くのか?―本多猪四郎、R.エメリッヒ、G.エドワーズ
    シン・ゴジラ論(ネタバレ注意)―庵野秀明)
    第2部 敗者の戦後(低エントロピーと「せり下げ」―山口昌男と多田道太郎
    世界の奴隷として考えること―吉本隆明と鶴見俊輔
    「成長」なんて怖くない―宮崎駿と手塚治虫
    大江健三郎の晩年)
    終わりに 『水死』のほうへ―大江健三郎と沖縄
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    加藤 典洋(カトウ ノリヒロ)
    1948年、山形県生まれ。文芸評論家。早稲田大学名誉教授。東京大学文学部仏文科卒。文学から文化一般、思想まで日本の近現代の幅広い分野で活躍。『言語表現法講義』で新潮学芸賞、『敗戦後論』で伊藤整文学賞、『小説の未来』『テクストから遠く離れて』で桑原武夫学芸賞を受賞
  • 内容紹介

    日本の「戦後」認識にラディカルな一石を投じたベストセラー『敗戦後論』から20年。第二次大戦に敗れた日本が育んだ「想像力」を切り口に、敗北を礎石に据えた新たな戦後論を提示する。

敗者の想像力 [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:加藤 典洋(著)
発行年月日:2017/05/22
ISBN-10:4087208826
ISBN-13:9784087208825
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会
言語:日本語
ページ数:270ページ
縦:18cm

    集英社 敗者の想像力 [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!