12歳の天才少年が書いた 量子力学の教科書 [単行本]
    • 12歳の天才少年が書いた 量子力学の教科書 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002783342

12歳の天才少年が書いた 量子力学の教科書 [単行本]

  • 4.5
価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ベレ出版
販売開始日: 2017/07/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

12歳の天才少年が書いた 量子力学の教科書 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    10歳にしてあらゆるジャンルの本を読み漁り(年間3000冊)、自分の志す道は物理学にあると考えるに至った著者が、独学で量子力学を学ぶ上で感じた「こんな本があれば」という想いを形にした渾身の一冊。入門者が数式を飛ばして読んでも概要を理解できる!
  • 目次

    第0章 量子力学とは何か~最も基本的な事柄~
    第1章 万物の根源~量子力学の誕生~
    第2章 前期量子論~古典力学の破綻~
    第3章 数学的定式化~量子論から量子力学へ~
    第4章 内在的矛盾と解釈問題~量子力学は正しいか?~
    第5章 量子力学の先へ~範囲拡大~
    第6章 近未来的応用への道~量子力学の利用~
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    近藤 龍一(コンドウ リュウイチ)
    2001年生まれ。12歳のとき、『12歳の少年が書いた量子力学の教科書』の執筆を開始し、完成させる。その後は場の量子論の研究を始める。現在、都内の中高一貫校に通う高校1年生
  • 出版社からのコメント

    10歳の頃にはあらゆる学問の本を年間三千冊読んだ著者が12歳のときに書いた、量子力学の入門書と専門書の架け橋となる中間の書。
  • 内容紹介

    10歳の頃には物理学の他にも天文学、歴史、哲学、医学、論理学、経済学、法学などあらゆる学問分野の本を読み漁り(最盛期には年間3000冊)、最終的に量子力学が自分の目指す専門分野であると考えるに至った著者がこの書籍を執筆したのは12歳のときでした。独学で、本だけを頼りに量子力学に挑戦する上で「入門書は易し過ぎ、専門書は難し過ぎ」ということを感じ、その間を埋める、入門書と専門書の架け橋になるような本があればいい…という想いを実現したのが本書です。数式を追いながら読めればよいのですが、入門者の方がそこを飛ばして読んだとしても、「量子力学」に一歩迫ることのできる一冊です。
  • 著者について

    近藤 龍一 (コンドウ リュウイチ)
    2001年生まれ。幼いころから本好きであり、あらゆる学問分野に興味を示し、貪欲に知識を吸収してきた。科学については、本人も知らぬうちにある程度の知識と興味があったが、9歳のとき、本格的に理論物理の独学を開始する。この頃、量子力学の存在を知り、その世界観に感銘を受ける。そして、10歳の頃から数式レベルの理解を目指して、物理数学の独学を始め、11歳のとき、自分なりの本を書いてみたいと思うようになる。12歳のとき、本書の執筆を開始し、完成させる。その後は場の量子論の研究を始める。現在、都内の中高一貫校に通う高校1年生。

12歳の天才少年が書いた 量子力学の教科書 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:ベレ出版
著者名:近藤 龍一(著)
発行年月日:2017/07/25
ISBN-10:4860645138
ISBN-13:9784860645137
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:物理学
言語:日本語
ページ数:319ページ
縦:21cm
他のベレ出版の書籍を探す

    ベレ出版 12歳の天才少年が書いた 量子力学の教科書 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!