決定版 はじめての音楽史-古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで [単行本]
    • 決定版 はじめての音楽史-古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月18日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002783995

決定版 はじめての音楽史-古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで [単行本]

片桐 功(ほか著)吉川 文(ほか著)岸 啓子(ほか著)久保田 慶一(ほか著)長野 俊樹(ほか著)
価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月18日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2017/09/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

決定版 はじめての音楽史-古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    定評あるロングセラー。西洋音楽史・日本音楽史・日本の現代の音楽の3部構成。音楽史入門書の決定版!
  • 目次

    第1部 西洋音楽史
    序章 人間と音楽                片桐功
    第1章 古代ギリシア              片桐功
    第2章 中世                  吉川文
    その1(p.34) : 音楽理論について      久保田慶一
    第3章 ルネサンス(1)              吉川文
    その2(p.42) : 音楽と社会について     久保田慶一
    第4章 ルネサンス(2)              吉川文
    第5章 バロックの声楽             岸啓子
    第6章 バロックの器楽             岸啓子
    第7章 前古典派                久保田慶一
    第8章 古典派                 久保田慶一
    第9章 ロマン主義前期             長野俊樹
    その3(p.96) : 音楽の職業について     久保田慶一
    第10章 ロマン主義の諸相            長野俊樹
    その4(p.108) : 記譜法について      久保田慶一
    第11章 20世紀(1)                白石美雪
    第12章 20世紀(2)                白石美雪
    その5(p.132) : 音楽メディアについて   久保田慶一
    第2部 日本音楽史
    第1章 日本音楽史の始まり           高橋美都
      (西暦300年~1000年まで)
    第2章 能と狂言                三浦裕子
      (西暦1000年~1500年まで)
    第3章 近世――乱世に花開いた三味線文化――  茂手木潔子
      (西暦1500年~1850年まで)
    第4章 近代――伝統音楽と西洋音楽の並存のなかで―― 塚原康子
      (西暦1850年~1945年まで)
    第3部 日本の現代の音楽
    第1章 日本の現代音楽             楢崎洋子
      (1900年以降)
    第2章 現代邦楽                茂手木潔子
      (1945年以降)
    おわりに                     久保田慶一
    あとがき                     久保田慶一
    参考文献・視聴覚資料 
    事項索引 
    人名索引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    片桐 功(カタギリ イサオ)
    東京芸術大学大学院音楽研究科博士後期課程単位取得満期退学。現在、エリザベト音楽大学教授

    吉川 文(ヨシカワ アヤ)
    東京芸術大学大学院音楽研究科博士後期課程修了。現在、東京学芸大学准教授

    岸 啓子(キシ ケイコ)
    東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。1990年、文部省在外研究員としてキングス・カレッジ(ロンドン)に留学。現在、愛媛大学教育学部教授

    久保田 慶一(クボタ ケイイチ)
    東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。音楽学博士(東京芸術大学)。ドイツ学術交流会により、フライブルク大学、ハンブルク大学、ベルリン自由大学に留学。現在、国立音楽大学教授

    長野 俊樹(ナガノ トシキ)
    東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。現在、福岡教育大学教育学部教授
  • 出版社からのコメント

    20年以上のロングセラー「はじめての音楽史」の初版(96)、増補改訂版(09)に続く決定版。内容改訂は行わず、章間にコラムを加筆。
  • 内容紹介

    20年以上にわたって売れ続けている音楽史入門書の、1996年の初版、2009年3月の増補改訂版につづく決定版。西洋音楽と日本音楽の両方を扱っているという点で、独自性がある。今回は内容の改訂は行わず、章間にあった空白のページ(5箇所・各1ページ)に、久保田慶一書き下ろしのコラム「もうひとつの音楽史」(その1:音楽理論について、その2:音楽と社会について、その3:音楽の職業について、その4:記譜法について、その5:音楽メディアについて)を加え、新刊として出版。コラムの内容は俯瞰的な視点から書かれており、古代・中世~第二次世界大戦後~21世紀まで触れられている。現在の音楽の在り方・音楽との関わり方についても述べており、大学・高校での授業にも取り入れやすくなる。
  • 著者について

    久保田 慶一 (クボタ ケイイチ)
    東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。音楽学博士(東京芸術大学)。ドイツ学術交流会により、フライブルク大学、ハンブルク大学、ベルリン自由大学に留学。現在、国立音楽大学教授。著書:『C.P.E.バッハ研究―改訂と編曲―』『改訂版音楽の文章セミナー』『バッハの四兄弟』『6か国語音楽用語辞典』(以上音楽之友社)、『西洋音楽史エピソード100』『音楽再発見エピソード100』『音楽史を学ぶ』(以上教育芸術社)、『音楽とキャリア』『改訂版英語でステップアップ』(以上スタイルノート)、『キーワード150音楽通論』『モーツァルト家のキャリア教育』(以上アルテスパブリッシング)、『バッハ キーワード事典』(春秋社)、『2018年問題とこれからの音楽教育』(ヤマハミュージックメディア)他、訳書:『楽譜を読むチカラ』(音楽之友社)、『記譜法の歴史:モンテヴェルディからベートーヴェンへ』(春秋社)、『ティーチング・アーティスト:音楽の世界に導く職業』(水曜社)、他。

決定版 はじめての音楽史-古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:片桐 功(ほか著)/吉川 文(ほか著)/岸 啓子(ほか著)/久保田 慶一(ほか著)/長野 俊樹(ほか著)
発行年月日:2017/09/30
ISBN-10:427611019X
ISBN-13:9784276110199
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:228ページ
縦:21cm
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 決定版 はじめての音楽史-古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!