現代エジプト政治-ナイル川最下流に位置する国の水資源獲得の行方 [単行本]

販売休止中です

    • 現代エジプト政治-ナイル川最下流に位置する国の水資源獲得の行方 [単行本]

    • ¥3,564107ポイント(3%還元)
100000009002784864

現代エジプト政治-ナイル川最下流に位置する国の水資源獲得の行方 [単行本]

価格:¥3,564(税込)
ポイント:107ポイント(3%還元)(¥107相当)
日本全国配達料金無料
出版社:その他
販売開始日: 2017/04/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

現代エジプト政治-ナイル川最下流に位置する国の水資源獲得の行方 の 商品概要

  • 目次

    はじめに

    序 章

    第1章 現代エジプト政治の概観
     1.中東のエジプト
     2.ナセル大統領 1952-1970年
      ①ナセル主義とその政策
      ②農地改革
      ③第3次中東戦争とナセルの名声
     3.サダト大統領 1971-1981年
      ①1974年:門戸開放政策
      ②門戸開放政策の諸影響
      ③親ソから親米へと変わる外交方針とその思惑
      ④政府と国民の契約:パン騒動
      ⑤複数政党制の導入による政治的自由化
      ⑥サダト大統領の暗殺
     4.ムバーラク大統領 1981-2011年
      ①構造調整計画
      ②ムバーラク政権下の財政と外交の関係
      ③選挙参加の制限とイスラーム主義勢力
     5.ポスト「1月25日革命」期のエジプト
      ①「1月25日革命」後
     まとめ

    第2章 ナイルで結ばれるアフリカとエジプト
     1.水をめぐる政治という視点について
      ①水の安全保障
      ②水をめぐる政治の紹介とナイル川流域
     2.ナイル川流域について
      ①ナイル川の水系 アフリカ大陸中央部から地中海の河口まで
      ②エジプト国内のナイル川の水系
      ③ナイル川流域諸国について
     まとめ

    第3章 「ナイル川流域諸国」の抱える実質的な諸問題と関係史
     1.第1の局面(1920年から1950年代)
      ①1929年協定と植民地支配を軸にしたナイル川流域の形成
      ②1959年協定の批准と上流国の反発
      ③1959年協定の概要
     2.第2の局面(1960年代から1990年代)
      ①上流国の独立と下流国への反発
      ②上流国の台頭
      ③ナイル川流域諸国の接近と対立
     3.第3の局面(2000年代)
     まとめ

    第4章 エチオピアのダム建設をめぐる
        エジプトの国内騒動からみるナイルの政治性
     1.エチオピアのGERD(Grand Ethiopian Renaissance Dam)
     2.水利・治水政策を担うエジプトの政府機関
     3.第1の局面 青ナイル切り替え工事発表2013年5月27日から5月31日
     4.第2の局面 6月1日から6月12日
     5.第3の局面 6月13日から6月27日
     まとめ

    第5章 GERD建設をめぐる政治的駆け引き
     1.上流国への接近と必然的対立
     2.原則宣言の主旨
     3.原則宣言に至る交渉の過程
     4.交渉を促した諸要因
     5.原則宣言の調印場面からみる3ヵ国の思惑
     6.GERDの交渉と原則宣言に関する考察
     まとめ

    おわりに

    巻末資料
     資料1 1929年協定以前の時代におけるナイル川の利用をめぐる協定と書簡
     資料2 1959年ナイル川の十全な利用に関する協定
     資料3 原則宣言(2015年3月24日調印)
     参考文献
  • 内容紹介

    第1章 現代エジプト政治の概観
     1.中東のエジプト
     2.ナセル大統領 1952-1970年
      ①ナセル主義とその政策
      ②農地改革
      ③第3次中東戦争とナセルの名声
     3.サダト大統領 1971-1981年
      ①1974年:門戸開放政策
      ②門戸開放政策の諸影響
      ③親ソから親米へと変わる外交方針とその思惑
      ④政府と国民の契約:パン騒動
      ⑤複数政党制の導入による政治的自由化
      ⑥サダト大統領の暗殺
     4.ムバーラク大統領 1981-2011年
      ①構造調整計画
      ②ムバーラク政権下の財政と外交の関係
      ③選挙参加の制限とイスラーム主義勢力
     5.ポスト「1月25日革命」期のエジプト
      ①「1月25日革命」後
     まとめ
    第2章 ナイルで結ばれるアフリカとエジプト
     1.水をめぐる政治という視点について
      ①水の安全保障
      ②水をめぐる政治の紹介とナイル川流域
     2.ナイル川流域について
      ①ナイル川の水系 アフリカ大陸中央部から地中海の河口まで
      ②エジプト国内のナイル川の水系
      ③ナイル川流域諸国について
     まとめ
    第3章 「ナイル川流域諸国」の抱える実質的な諸問題と関係史
     1.第1の局面(1920年から1950年代)
      ①1929年協定と植民地支配を軸にしたナイル川流域の形成
      ②1959年協定の批准と上流国の反発
      ③1959年協定の概要
     2.第2の局面(1960年代から1990年代)
      ①上流国の独立と下流国への反発
      ②上流国の台頭
      ③ナイル川流域諸国の接近と対立
     3.第3の局面(2000年代)
     まとめ
    第4章 エチオピアのダム建設をめぐる:エジプトの国内騒動からみるナイルの政治性
     1.エチオピアのGERD(Grand Ethiopian Renaissance Dam)
     2.水利・治水政策を担うエジプトの政府機関
     3.第1の局面 青ナイル切り替え工事発表2013年5月27日から5月31日
     4.第2の局面 6月1日から6月12日
     5.第3の局面 6月13日から6月27日
     まとめ
    第5章 GERD建設をめぐる政治的駆け引き
     1.上流国への接近と必然的対立
     2.原則宣言の主旨
     3.原則宣言に至る交渉の過程
     4.交渉を促した諸要因
     5.原則宣言の調印場面からみる3ヵ国の思惑
     6.GERDの交渉と原則宣言に関する考察
     まとめ
    巻末資料
    資料1 1929年協定以前の時代におけるナイル川の利用をめぐる協定と書簡
    資料2 1959年ナイル川の十全な利用に関する協定
    資料3 原則宣言(2015年3月24日調印)
    参考文献
  • 著者について

    西舘 康平 (ニシダテ コウヘイ)
    西舘 康平 1989年生まれ  埼玉県出身

    大東文化大学国際関係学部卒業(2012年3月)
    東京外国語大学総合国際学研究科博士前期課程・国際地域研究コース修了(2015年 3月)
    東京外国語大学総合国際学研究科博士後期課程・国際社会専攻進学(2015年 4月~現在まで)

    公益財団法人中東調査会非常勤研究員(2014年10月~現在まで)

    ~一般論文~
    「2014年エジプト大統領選挙における政府の報道への干渉とメディアの報道姿勢 (リポート)」『Asahi中東マガジン』など (2014)

    ~書籍~
    『「イスラーム国」の生態がわかる45のキーワード』明石書店(共著)(2015)

現代エジプト政治-ナイル川最下流に位置する国の水資源獲得の行方 の商品スペック

商品仕様
出版社名:秀麗出版
著者名:西舘 康平(著)
発行年月日:2017/05
ISBN-10:4990801954
ISBN-13:9784990801953
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:142ページ
縦:21cm
他のその他の書籍を探す

    その他 現代エジプト政治-ナイル川最下流に位置する国の水資源獲得の行方 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!