花人情―めぐり逢いこそ人生 [単行本]
    • 花人情―めぐり逢いこそ人生 [単行本]

    • ¥1,72852ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002785378

花人情―めぐり逢いこそ人生 [単行本]

価格:¥1,728(税込)
ポイント:52ポイント(3%還元)(¥52相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:その他
販売開始日:2017/04/01
ご確認事項:返品不可

花人情―めぐり逢いこそ人生 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    大伴旅人と鞆の浦・幸田露伴『五重塔』の十兵衛と倉吉・人は何によって生かされているか・人間の夢のユートピア・土屋文明のふるさとの柿の木・レバノン杉の教訓・オバマが広島にやってきたなどなど。生涯で最も嬉しいことはめぐり逢い。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    台湾の田舎の畦道で出会った世にも不思議な体験―花は人間を時間旅行に誘い出すタイムマシン
    人生で一番すばらしかった授業―四十年後に解けた老教授の疑問
    曼珠沙華の想い出―秋祭りの最中に突然消えた彼女
    山吹の花は咲けども―学費値上げ闘争のころ。初めての機動隊学内突入
    わが青春の旅立ち―ブラジル航路の最後の移民船が、私の青春の始まり
    キューバの日系一世たち―世界の果てで生きる明治生まれの老人が、どうしても私に伝えたかったこと
    連れ出された旅と楷の樹―中国山東省曲阜から持ち帰られた樹の種子が、やがて日本中に‐思想を伝える樹
    白いエンジュの花の雨―『紅楼夢』の舞台で出会った女詐欺師
    タイ、丘の上の高級リゾート・ホテル―ブーゲンビリアの垣根の中の夢と現実
    錦木を持つ男―江戸時代にもてはやされた悲恋物語
    向こう三軒隣組―日本的お隣との付き合い方
    「鉢木」と「佐野の船橋」―能や謡曲に出てくる恋の浮橋
    ツキヨタケの陰謀―吾こそはキノコ博士と自慢した男の「死」
    大伴旅人と「鞆の浦」の、むろの樹―古代から現代まで、わけありの男たちが忍んだ隠れ里
    幸田露伴『五重塔』の十兵衛と倉吉―幸田文の娘の情操教育は成功したか
    人は何によって生かされているか―サギソウの保存運動五十年から得たもの
    北向き観音と愛染かつら―信州、別所温泉にある桂の大樹と碑林
    人間の夢のユートピア―富と権力を手に入れた者が最後につくる庭園
    京都大徳寺大仙院の青年僧―その時その場を懸命に生きる禅宗の教え
    松の人格―三十年来の友人が隠していたもの
    折口信夫(釈迢空)、葛の花は壱岐島か熊野古道か―地元を巻き込んで論争が続く名歌の謎
    土屋文明とふるさとの柿の木―歌人として名をなしても生涯帰れなかった故郷とは
    柚子の木の夢―残り少ない人生なのに、返してもらいたい騙された七年の歳月
    レバノン杉の教訓―メソポタミア、エジプト、ギリシャ、ローマの古代文明を支えた樹
    月見草の歌―サラリーマン哀歌―美しい花も人によっては単なる雑草
    オバマが広島にやってきた―戦争はかぼちゃを悲しい野菜にした
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    細川 呉港(ホソカワ ゴコウ)
    広島県出身。集英社に入社後、宣伝部、雑誌編集部を経て、つくば科学万博副館長、学芸編集部長を最後に定年。中国担当として長年中国を取材。現在フリー。東洋文化研究会の運営は今年で二十九年目

花人情―めぐり逢いこそ人生 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:愛育出版
著者名:細川 呉港(著)
発行年月日:2017/04/01
ISBN-10:490908004X
ISBN-13:9784909080042
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:361ページ
縦:19cm

    その他 花人情―めぐり逢いこそ人生 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!