声なき人々の戦後史 (上) [単行本]
    • 声なき人々の戦後史 (上) [単行本]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002786091

声なき人々の戦後史 (上) [単行本]

鎌田 慧(著)出河 雅彦(聞き手)
価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:藤原書店
販売開始日: 2017/05/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

声なき人々の戦後史 (上) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    “自動車絶望工場”などの労働問題、いじめ自殺などの教育問題、水俣病、イタイイタイ病などの公害・環境問題、「戦争をさせない」1000人委員会、原発をめぐる渾身のルポと反原発運動…戦後の豊かさとは何だったか!?
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 ルポルタージュを書きたい
    第2章 開発と公害の現場を歩く
    第3章 辺境と底辺(1)―コンベヤー労働の体験
    第4章 辺境と底辺(2)―出稼ぎと「合理化」
    第5章 管理教育といじめ自殺
    第6章 原発列島を行く(1)―開発幻想と現実
    第7章 原発列島を行く(2)―国策の犠牲者たち
    第8章 原発列島を行く(3)―民主主義を守る
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    鎌田 慧(カマタ サトシ)
    1938年生まれ。新聞記者、雑誌編集者を経て、フリーのルポライター。労働、開発、教育、原発、沖縄、冤罪など、社会問題全般を取材、執筆。またそれらの運動に深くかかわる。主著に『六ヶ所村の記録』(毎日出版文化賞受賞、岩波現代文庫)など

    出河 雅彦(イデガワ マサヒコ)
    1960年生まれ。新聞記者。92年朝日新聞社入社。社会部などで医療、介護問題を担当。2002年~13年編集委員、2013年~16年青森総局長。医療事故や薬害エイズ事件のほか、有料老人ホーム、臨床試験について取材。著書『ルポ医療事故』(朝日新聞出版)で「科学ジャーナリスト賞2009」受賞
  • 内容紹介

    現代史を裏側から抉る自身の仕事の全貌を語る。
    戦後の高度経済成長が進行する表舞台の裏で、一体なにが進行していたのか? 国鉄民営化、三池炭坑大争議、“自動車絶望工場”で労働者に寄り添い、狭山事件で差別と闘い、最近の「さよなら原発」その他の活動でも、一貫して現場に立つ姿勢を崩さないルポライターとして仕事してきた鎌田慧が、自身の半生を初めて語り下ろす!

声なき人々の戦後史 (上) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:藤原書店
著者名:鎌田 慧(著)/出河 雅彦(聞き手)
発行年月日:2017/07/10
ISBN-10:4865781234
ISBN-13:9784865781236
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:369ページ
縦:20cm
他の藤原書店の書籍を探す

    藤原書店 声なき人々の戦後史 (上) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!