フィクションの哲学 〔改訂版〕 [単行本]
    • フィクションの哲学 〔改訂版〕 [単行本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002786112

フィクションの哲学 〔改訂版〕 [単行本]

価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:勁草書房
販売開始日: 2017/06/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

フィクションの哲学 〔改訂版〕 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    視覚的な作品も含む包括的なフィクション論を視野に収めつつ、さらに精緻な理論の構築を目指した改訂版!作者と語り手との分離という事態を手がかりに、分析哲学の立場から「フィクションとは何か?」に挑む。
  • 目次

    改訂版へのはしがき
    はしがき

    序論 フィクションを問うということ
     1 フィクションという概念
     2 虚構的な発言/虚構に関する発言
     3 虚構的な対象の存在と非存在
     4 本書の構成について

    第一章 フィクションの統語論
     1 二つの方向性
     2 フィクションの目印となるもの
     3 統語論的特徴の否定――カリーとサールの議論
     4 より慎重な否定論――キャロルの立場

    第二章 フィクションの意味論
     1 フィクションは何も指示していないか
     2 非現実の対象を指示すること
     3 フィクションと真偽

    第三章 フィクションの語用論(一)主張の差し控えと偽装
     1 フィクションは主張されていないか
     2 プラトン――他人の言葉を語ること
     3 言語行為の褪化あるいは偽装――オースティンとサールの議論
     4 言語行為の表象――オーマン、ビアズリー、イートン、野家の議論

    第四章 フィクションの語用論(二)「フィクションを語る」という行為
     1 創造性と想像
     2 グライス流の意図――カリーの理論(1)
     3 事実との符合の偶然性――カリーの理論(2)
     4 事実を記録するフィクション――カリー批判(1)
     5 想像を指定するものは何か――カリー批判(2)
     6 まとめ
    第五章 フィクションの語用論(三)ごっこ遊びの理論
     1 ごっこ遊びから表象へ――ウォルトンの議論
     2 作品世界を伴う小道具としてのフィクション
     3 カリーの議論との異同
     4 まとめ

    第六章 フィクションのなかでの真理
     1 二、三の説明課題
     2 不確定性と補充――ルイスの理論(1)
     3 矛盾の問題――ルイスの理論(2)
     4 カリーの信念説
     5 ごっこ遊び説

    第七章 フィクションの意義と意味
     1 ウォルトンの虚構性理論への反例
     2 画像表象(描写)の理論における「分離」の問題
     3 「分離」的な内容の役割とウォルトンの事例
     4 表象内容の多層性

    結語

    あとがき
    文献一覧
    事項索引
    人名索引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    清塚 邦彦(キヨズカ クニヒコ)
    1961年群馬県に生まれる。1992年東北大学大学院文学研究科単位取得退学、博士(文学)。現在、山形大学人文社会科学部教授
  • 出版社からのコメント

    作者と語り手の分離という事態を手がかりに、分析哲学の立場から「フィクションとは何か?」に挑む。精緻な理論構築を目指す改訂版!
  • 内容紹介

    従来のフィクション論の紹介・検討を通して、本書ではごっこ遊びにおいて参加者にさまざまな想像を指定する小道具の役割を果たすという点にフィクションの本質を見出す。映画・演劇・絵画・彫刻などの視覚的な作品も含む包括的なフィクション論の構築を視野に収めつつ、言語作品をめぐるフィクションの分析を完成させ、クリアな展望を示す。
  • 著者について

    清塚 邦彦 (キヨヅカ クニヒコ)
    清塚 邦彦(きよづか くにひこ)
    1961年群馬県に生まれる. 1992年東北大学大学院文学研究科単位取得退学 博士(文学). 現在, 山形大学人文社会科学部教授. 著書:『画像と知覚の哲学』(共編著, 東信堂, 2015年). 訳書:デイヴィドソン『主観的, 間主観的, 客観的』(共訳, 春秋社, 2007年), グライス『論理と会話』(勁草書房, 1998年)ほか.

フィクションの哲学 〔改訂版〕 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:勁草書房
著者名:清塚 邦彦(著)
発行年月日:2017/06/20
ISBN-10:4326154454
ISBN-13:9784326154456
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:312ページ ※294,18P
縦:20cm
他の勁草書房の書籍を探す

    勁草書房 フィクションの哲学 〔改訂版〕 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!