怪談狩り 禍々しい家 (仮) (角川ホラー文庫) [文庫]
    • 怪談狩り 禍々しい家 (仮) (角川ホラー文庫) [文庫]

    • ¥66020ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月23日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002789391

怪談狩り 禍々しい家 (仮) (角川ホラー文庫) [文庫]

価格:¥660(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月23日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日:2017/06/17
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 73432位

怪談狩り 禍々しい家 (仮) (角川ホラー文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    怪奇蒐集家・中山市朗が狩り集めた戦慄の建物怪談。人の気配がない角部屋から聞こえる妙に大きな生活音、引っ越し先で見つけた不気味なビデオテープ、誰もいない子ども部屋で突然鳴りだすおもちゃの音、夜の駐輪場の地面に這うモノ…。「新耳袋」で話題騒然、今もさまざまな憶測を呼ぶ「山の牧場」の、ここでしか読めない後日譚6話も収録。どの町にもある普通の建物が、異様なものを孕む空間かもしれない。文庫オリジナル。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    一家四人;口元;笑ってやがった;深夜の訪問者;キッチンの修繕;角部屋からの訪問者;おばあさんの自転車;ビデオテープ;メリーさんの館;メリーさんの館 後日譚;家賃;ミサちゃんがいる;落ちたカギ;線香の煙;金の鳳凰;奇妙な手紙;心霊遊び;ひとりかくれんぼ;気持ちのいい部屋;宴会の声;アパートの階段;行きなさい;異臭の通報;真っ暗にするとダメ;ルームシェア;訪問者;火鉢;置屋;山の牧場についての覚書;山の牧場 後日譚
  • 出版社からのコメント

    『新耳袋』の著者・中山市朗による新シリーズ、文庫第3弾!
  • 内容紹介

    怪奇蒐集家・中山市朗が狩り集めた戦慄の建物怪談。人の気配がない角部屋から聞こえる妙に大きな生活音、引っ越し先で見つけた不気味なビデオテープ、誰もいない子ども部屋で突然鳴りだすおもちゃの音、夜の自転車置き場の地面に這うモノ……。「新耳袋」で話題騒然、今もさまざまな憶測を呼ぶ「山の牧場」の、今だから書ける、ここでしか読めない後日譚6話も収録。どの町にもある普通の建物が、異様なものを孕む空間かもしれない。文庫オリジナル。


    図書館選書
    稲川淳二氏により、関西で都市伝説と化した「メリーさんの館」の真相とは。真っ暗闇のマンションの駐車場に出現した、おぞましいものとは? どの町にも普通にある建物が異様なものを孕む空間かもしれない。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中山 市朗(ナカヤマ イチロウ)
    兵庫県生まれ。怪奇蒐集家、オカルト研究家、放送作家。作家育成塾「作劇塾」の塾長を務めている
  • 著者について

    中山 市朗 (ナカヤマ イチロウ)
    中山市朗(なかやま・いちろう)兵庫県生まれ。怪異蒐集家、放送作家、オカルト研究家。クリエーター養成塾「作劇塾」塾長。木原浩勝氏との共著『現代百物語 新耳袋』(全十夜)は、ロングセラーとなった。著書に『怪異実聞録 なまなりさん』『聖徳太子 四天王寺の暗号』『怪談狩り 市朗百物語』『怪談狩り 赤い顔 市朗百物語』などがある。

怪談狩り 禍々しい家 (仮) (角川ホラー文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:中山 市朗(著)
発行年月日:2017/06/25
ISBN-10:4041057345
ISBN-13:9784041057346
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:242ページ
縦:15cm

    KADOKAWA 怪談狩り 禍々しい家 (仮) (角川ホラー文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!