子どものいない生き方 [単行本]
    • 子どものいない生き方 [単行本]

    • ¥1,21037ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月23日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002793740

子どものいない生き方 [単行本]

価格:¥1,210(税込)
ポイント:37ポイント(3%還元)(¥37相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月23日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:かんき出版
販売開始日:2017/05/24
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 325463位

子どものいない生き方 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    産む。産まない。産めない。産みたかった。産まなかった。子どもを育てる。誰かと暮らす。ひとりで生きる。女の人生には、いくつもの選択肢といくつかの決断がある。子どもを産むことは、義務でも務めでもない。一つの選択だ。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 子どもを産むことは無条件で良いことなのか?(自分のものさしで「淋しいでしょう」と言う人たち
    ほんとうは存在しない「圧力」を感じていないか ほか)
    第2章 子どもをもたない時代(五人に一人の女性が、生涯子どもをもちたくない
    生き生きする女たち、疲れる男たち ほか)
    第3章 家族という幻想が人を不幸にする(かつては肉親にすら気を抜けなかった
    家族幻想の源は江戸幕府にある ほか)
    第4章 結婚してもしなくても。子どもがいてもいなくても(他人が自分の規範となる日本人
    放っておいてくれる東京、噂好きな地方 ほか)
    終章 わたしが子どもをもたなかった理由(なぜ、子どもをもつ人生ではなかったのか?
    “自分の人生を生きたいから、子どもは作らなかった”(キャリアコンサルタント・44才・女性) ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    下重 暁子(シモジュウ アキコ)
    作家。日本ペンクラブ副会長。日本旅行作家協会会長。早稲田大学教育学部国語国文科卒業後、NHKに入局し、アナウンサーとして活躍。そののちフリーとなり、民放キャスターを経て、文筆活動に入る。ジャンルはエッセイ、評論、ノンフィクション、小説と多岐にわたる。公益財団法人JKA(旧:日本自転車振興会)会長等を歴任

子どものいない生き方 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:かんき出版
著者名:下重 暁子(著)
発行年月日:2017/05/22
ISBN-10:4761272554
ISBN-13:9784761272555
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
ページ数:239ページ
縦:18cm

    かんき出版 子どものいない生き方 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!