新八犬伝 結(角川文庫) [文庫]
    • 新八犬伝 結(角川文庫) [文庫]

    • ¥79224ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月2日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002794744

新八犬伝 結(角川文庫) [文庫]

  • 4.5
価格:¥792(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月2日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2017/05/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

新八犬伝 結(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    里見家の宿敵、鎌倉の管領扇谷定正は安房の国を滅ぼすため戦の準備を進めていた。一方、安房那古観音の境内では、伏姫ゆかりの七人の犬士がようやく巡りあい集っていた。最後の犬士、犬江親兵衛を探して、犬塚信乃と犬村角太郎は出羽の国に旅立つが、二人の行く手を阻むのは、あの玉梓が怨霊だった!『南総里見八犬伝』の大胆な解釈のもと、大人気を博した伝説の人形劇。その完全小説版、完結巻!
  • 目次

    一 現八山賊と間違われ、謎解きの機会を掴む
    二 断崖の下に左母二郎、風雲急也丹後半島
    三 洞窟に響く骨の歌声、謎は謎を呼ぶ経ケ岬
    四 外国人(とっくにびと)の亡霊現れ、ついに怨の珠の謎解決

    十五 蜘蛛の糸を食う小犬、道節導いて薬師堂
    十六 管領着々と戦の準備、富山に詣でる七犬士


  • 出版社からのコメント

    玉梓、網乾左母二郎、犬塚信乃…。伝説の人形劇のラストを覚えていますか?
  • 内容紹介

    悪女舟虫の計略にはまり、管領扇谷定正に捕えられた犬塚信乃。扇谷は信乃を使って八犬士の残りをおびき出そうとしていた。救いに現れた犬飼現八も捕まってしまう。一方、鎌倉の町では関東管領扇谷が安房の国里見義実を打ち滅ぼそう戦の準備を進めていた…。『南総里見八犬伝』の大胆な解釈のもと、大人気を博した伝説の人形劇。その脚本化が書き下ろした完全小説版の最終話を収めた全四巻完結巻! (解説:京極夏彦)

    図書館選書
    悪女舟虫の計略にはまり、管領扇谷定正に捕えられた犬塚信乃の運命は?伝説の人形劇『新八犬伝』。その最終話は、いったいどんな終わり方だったか? この完結篇でわかります!(解説:京極夏彦)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    石山 透(イシヤマ トオル)
    1958年に脚本家デビュー。85年死去
  • 著者について

    石山 透 (イシヤマ トオル)
    1959年のNHK『ピエロが泣いた』でテレビのシナリオ作家としてデビュー。1971年、筒井康隆の『時をかける少女』を原作の少年ドラマシリーズ第一作『タイム・トラベラー』が好評を博す。その後、オリジナル続編を執筆し、自身で『続・時をかける少女』として小説化。ついで1973年、NHK人形劇『新八犬伝』のシナリオを担当、これが大ヒットとなる。1977年にはNHK時代ドラマ『鳴門秘帖』、1979年人形劇『プリンプリン物語』のシナリオを担当、『ラーマーヤナ』。SF的発想と独自の楽屋落ちに才腕を揮ったが、58歳で死去。

新八犬伝 結(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:石山 透(著)
発行年月日:2017/05/25
ISBN-10:4041047854
ISBN-13:9784041047859
判型:文庫
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:333ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 新八犬伝 結(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!