家なき子(小学館ジュニア文庫) [新書]
    • 家なき子(小学館ジュニア文庫) [新書]

    • ¥82525ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年4月20日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002794798

家なき子(小学館ジュニア文庫) [新書]

  • 評価をお待ちしています!
価格:¥825(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年4月20日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2017/05/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

家なき子(小学館ジュニア文庫) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    フランスの小さな村で、幸せに暮らしていたレミは、ある日、自分が「拾われた子」であることを知ります。母親から引き離されたレミは、旅芸人の親方ヴィタリスや芸達者な猿のジョリクール、かしこい犬のカピ、ゼルビノ、ドルチェとともに、フランス各地をめぐる旅に出ます。その後、待ち受けるさまざまな出来事…ヴィタリスの逮捕、船で暮らす親子との出会い、花作り一家との日日、炭鉱での恐ろしい事故…を乗り越え、果たしてレミは「本当の家族」に会うことができるのでしょうか。小学3年生以上。
  • 目次

    1■母さんの思い出
    2■父帰る
    3■ヴィタリス親方の一座
    4■悲しい別れ
    5■初めての友だち
    6■レミ、デビューをかざる
    7■ヴィタリスの裁判
    8■白鳥号との出会い
    9■幸せな日々
    10■「拾われた子」の運命
    11■オオカミの遠ぼえ
    12■ジョリクールの芸人魂
    13■花の都の現実
    14■ルールシヌ通りの元締め
    15■こごえる夜を歩く
    16■不思議な目をした少女
    17■花作りの暮らし
    18■はなればなれに
    19■前へ進め!
    20■石炭の町へ
    21■逃げろ! 水が出た!
    22■水の牢屋
    23■希望の光
    24■雌牛の災難
    25■すばらしいおくりもの
    26■古い家族と新しい家族
    27■再びパリへ
    28■手がかりを追いかけて
    29■ロンドンの家族
    30■夜ふけのあやしい取り引き
    31■レミの産着の秘密
    32■レミ、無実を主張する
    33■ボブの脱走大作戦
    34■白鳥号はどこにいる
    35■レミの産着、真実を語る
    36■家族に囲まれて
  • 内容紹介

    ハラハラドキドキの世界名作シリーズ第7弾

    フランスの小さな村で、幸せに暮らしていたレミは、
    ある日、自分が「拾われた子」であることを知ります。
    母親から引き離されたレミは、
    旅芸人の親方ヴィタリスや芸達者な猿のジョリクール、
    かしこい犬のカピ、ゼルビノ、ドルチェとともに、
    フランス各地をめぐる旅に出ます。

    その後、待ち受けるさまざまな出来事、
    ヴィタリスの逮捕、船で暮らす親子との出会い、
    花作り一家との日々、炭鉱での恐ろしい事故----を乗り越え、
    果たしてレミは「本当の家族」に会うことができるのでしょうか。


    【小学3年生以上対象】

    【編集担当からのおすすめ情報】

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    「よかった~」と「え~~っ!」が交互におとずれる
    ジェットコースター物語に、ドキドキがとまりません!!!
    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    小学館ジュニア文庫の名作シリーズは、
    原作の世界観を大切にしつつ、
    小学生にわかりやすく&大人も満足できる【新訳】をめざしています。

    「そういえば、子どものころ、夢中になった!」
    「あれ? 家なき子って、どんな話だったかな?」
    という大人の方にもぜひあらためて読んでいただきたい1冊です。



    図書館選書
    ある日、レミは自分が「拾われた子」であることを知ります。母親から引き離され、旅芸人の一座とフランス各地を巡る旅に出るレミ。様々な出来事を乗り越え、果たしてレミは実の家族に会うことができるのでしょうか。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    マロ,エクトール(マロ,エクトール)
    1830年、フランス生まれ。パリで法律の勉強をしている途中、文学の道へ。1859年に最初の小説『恋人たち』を発表する。『家なき子』は1878年に出版。ほかにもたくさんの小説を書き、1907年に生涯を終えた

    入江 信子(イリエ ノブコ)
    1963年、東京生まれ。早稲田大学法学部卒業。メーカー、出版社勤務後、独立。フリーランスの編集者、ライターとして、雑誌、単行本などの制作に関わる

家なき子(小学館ジュニア文庫) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:エクトール マロ(作)/入江 信子(訳)/日本アニメーション(絵)
発行年月日:2017/05/29
ISBN-10:409231163X
ISBN-13:9784092311633
判型:B6
対象:児童
発行形態:新書
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:319ページ
縦:18cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 家なき子(小学館ジュニア文庫) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!