女声合唱とピアノのための 風のなかの挨拶 [単行本]
    • 女声合唱とピアノのための 風のなかの挨拶 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002796328

女声合唱とピアノのための 風のなかの挨拶 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2017/06/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

女声合唱とピアノのための 風のなかの挨拶 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    Ⅰ.鏡の上を走りながら(女声3部合唱)
    Ⅱ.明日(あした)(女声3部合唱)
    Ⅲ.風のなかの挨拶(女声3部合唱)
  • 出版社からのコメント

    佐々木幹郎『瓦礫の下から唄が聴こえる』(2012)と『明日』(2011)収録の3編に作曲。大震災からの復興への祈りを込めた作品。
  • 内容紹介

    テキストは佐々木幹郎の詩文集『瓦礫の下から唄が聴こえる』(2012年、みすず書房)と詩集『明日』(2011年、思潮社)に収録の3編。東日本大震災からの復興と再生への祈りを込めた作品。
    Ⅰ.鏡の上を走りながら…死者の言葉を代弁するかのようなはかなさと透明感のある詩句で、多くの死に直面した生者の心情を表現した作品。
    Ⅱ.明日(あした)…繰り返される詩句「あした」がエコーのように作曲されている。言葉のリフレインは次第に輝きを増し、新たな季節を運んでくる。声の音色を変化させる技量のある合唱団には歌う応えのある作品。
    Ⅲ.風のなかの挨拶…ひたすら躍進する音楽。哀しみの3月を超え、芽吹きの季節へ。輝かしいピアニズムと伸びやかな歌による生命へのオード。
     復興祈念演奏会などの機会にはもちろんのこと、中級以上の女声合唱団の演奏会などにふさわしい深みのある作品。
    【収録曲】
    Ⅰ.鏡の上を走りながら(女声3部合唱)
    Ⅱ.明日(あした)(女声3部合唱)
    Ⅲ.風のなかの挨拶(女声3部合唱)
  • 著者について

    佐々木 幹郎 (ササキ ミキロウ)
    詩人(1947~ )。評論『中原中也』(筑摩書房、1988年)で第10回サントリー学芸賞、詩集『蜂蜜採り』(書誌山田、1992年)で第22回高見順賞、詩集『明日』(思潮社、2012年)で第20回萩原朔太郎賞受賞。『新編中原中也全集』の責任編集委員。中原中也研究の第一人者。近年は詩と音楽のコラボの試みを続けている。


    信長 貴富 (ノブナガ タカトミ)
    作曲家(1971~ )。1994年上智大学文学部教育学科卒業。1994・95・99年朝日作曲賞受賞。2001年日本音楽コンクール作曲部門(室内楽曲)第2位。合唱作品ほか出版多数。

女声合唱とピアノのための 風のなかの挨拶 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:佐々木 幹郎(詩)/信長 貴富(作曲)
発行年月日:2017/07
ISBN-10:4276558425
ISBN-13:9784276558427
判型:規大
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:35ページ
縦:30cm
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 女声合唱とピアノのための 風のなかの挨拶 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!