ポスト2020の都市づくり [単行本]
    • ポスト2020の都市づくり [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年3月1日日曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002801786

ポスト2020の都市づくり [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年3月1日日曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:学芸出版社
販売開始日:2017/06/29
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 309704位

ポスト2020の都市づくり [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ソフトパワーによるイノベーティブなまちづくりへ。クリエイティブシティ、ポップカルチャー&テクノロジー、アートマネジメント、エンターテインメント、ブランディング、エリアマネジメントのエキスパートが提案。
  • 目次

    序文「ポスト2020年」が意味するもの 水野誠一

    1章 創造都市の理念と実際 井口典夫

    2章 都市の創造力を高める「ポップ」&「テック」 中村伊知哉

    3章 来たるべき計画者のために~アートプロジェクトの現場から 芹沢高志

    4章 アートは地域に取り込まれるのか、地域はアートに力をもらえるのか 玉置泰紀

    5章 街のブランディングとソフトインフラ 小林洋志

    6章 動きだすパブリックスペースと運営組織のデザイン 保井美樹

    7章 都市開発の変化とソーシャルハブの形成 松岡一久
  • 出版社からのコメント

    クリエイティブシティ、ポップカルチャー&IT、アートマネジメント、ブランディング、エリアマネジメントのエキスパートが提案。
  • 内容紹介

    従来のハード開発とは違うソフト開発の分野から、まちづくりに関わる人が増えている。クリエイティブシティ、ポップカルチャー&テクノロジー、アートマネジメント、エンターテインメント、ブランディング、エリアマネジメントのエキスパートが実践に基づき提案する、ソフトパワーによるイノベーティブなまちづくり。
  • 著者について

    井口 典夫 (イグチ ノリオ)
    青山学院大学総合文化政策学部教授。1956年生まれ。東京大学卒業後、国土交通省入省。1994年青山学院大学に移籍。専門分野 は創造都市論、クリエイティブ経済論。著書に『青山文化研究』(宣伝会議)、訳書にリチャード・フロリダ著『クリエイティブ都市論』『新クリエイティブ資本論』(ダイヤモンド社)など。

    中村 伊知哉 (ナカムラ イチヤ)
    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授。1961年生まれ。京都大学経済学部卒業。慶應義塾大学で博士号取得(政策・メディア)。1984年ロックバンド「少年ナイフ」のディレクターを経て郵政省入省。通信・放送融合政策、インターネット政策を担当。橋本行革で省庁再編に携わったのを最後に退官し渡米。1998年MITメディアラボ客員教授。2002年スタンフォード日本センター研究所長。2006年慶應義塾大学教授を経て現職。

    芹沢 高志 (セリザワ タカシ)
    P3 art and environment統括ディレクター。1951年生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、リジオナル・プランニング・チームを経て、1989年P3 art and environmentを設立。アサヒ・アート・フェスティバル事務局長、横浜トリエ
    ンナーレ2005キュレーター、別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」総合ディレクター、さいたまトリエンナーレ2016ディレクターなどを務める。

    玉置 泰紀 (タマキ ヤスノリ)
    KADOKAWA/ 2021年室エグゼクティブ・プロデューサー(元ウォーカー総編集長)。1961年生まれ。同志社大学文学部卒業後、産経新聞大阪本社に入社。その後、福武書店(ベネッセ)で月刊女性誌、さらに角川書店で6誌の編集に携わった後、現職。元ウォーカー街づくり総研所長。京都市埋蔵文化財研究所理事。大阪府日本万国博覧会記念公園運営審議会委員。

    小林 洋志 (コバヤシ ヒロシ)
    株式会社博報堂ビジネスインキュベーション局プロデューサー。1957年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。1981年博報堂入社。東京スカイツリーのソフト業務全般のコンサル、東京ミレナリオ、東京ホタルなどの大型地域イベント、スポーツ振興くじtotoな
    ど、都市開発や多くの新規事業の立ち上げに携わる。

    保井 美樹 (ヤスイ ミキ)
    法政大学現代福祉学部福祉コミュニティ学科教授。1969年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。ニューヨーク大学大学院都市計画修士課程修了後、東京大学で博士号取得(工学)。東京大学特任助教、NY行政研究所客員研究員、世界銀行等を経て、2012年より現職。専門分野はエリアマネジメント、都市・地域経営、公民連携など。全国エリアマネジメントネットワーク副会長、一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス理事など。

    松岡 一久 (マツオカ カズヒサ)
    株式会社エナジーラボ代表取締役。1960年生まれ。神戸大学工学部卒業後、環境事業計画研究所、SCIを経て、1991年に浜野商品研究所(現在の北山創造研究所)に入社、プロジェクトディレクターとして20余りのプロジェクトを担当。2007年エナジーラボを設立。都市開発に伴う、ソフトなインフラストラクチャーの企画・開発を手掛ける。

ポスト2020の都市づくり [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:学芸出版社 ※出版地:京都
著者名:国際文化都市整備機構(FIACS)(編)
発行年月日:2017/07/05
ISBN-10:4761526491
ISBN-13:9784761526498
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:建築
言語:日本語
ページ数:285ページ
縦:19cm

    学芸出版社 ポスト2020の都市づくり [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!