呼吸器の子 [単行本]
    • 呼吸器の子 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002806052

呼吸器の子 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:現代書館
販売開始日:2017/06/14
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 343072位

呼吸器の子 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「在宅人工呼吸器の生活が楽しい」―2歳までのいのちとされるゴーシェ病2型の凌雅くん(14歳)とその家族、関わる人たちの日常を追い、究極の生きる意味を問う。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 呼吸器の生活が楽しい
    第1章 風呂に入る
    第2章 奈落の底で
    第3章 集まる親たち
    第4章 教育って何?
    第5章 支える人たち
    第6章 特別支援学校に通う
    第7章 リハビリの長い道
    第8章 みんなが見ている
    第9章 水族館へ行こう
    第10章 誕生日の贈り物に
    エピローグ そしてまた一歩
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松永 正訓(マツナガ タダシ)
    1961年、東京都生まれ。1987年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。日本小児外科学会・会長特別表彰(1991年)など受賞歴多数。2006年より、「松永クリニック小児科・小児外科」院長。『運命の子 トリソミー―短命という定めの男の子を授かった家族の物語』(小学館)にて、2013年、第二十回小学館ノンフィクション大賞を受賞
  • 出版社からのコメント

    小学館ノンフィクション賞受賞の著者が「自宅で人工呼吸器」の日常を紡ぐ。「人としての尊厳とは何か」の第一級ドキュメンタリー。
  • 著者について

    松永正訓 (マツナガタダシ)
    1961年、東京都生まれ。1987年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。日本小児外科学会・会長特別表彰(1991年)など受賞歴多数。2006年より「松永クリニック小児科・小児外科」院長。『運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語』(小学館)で2013年、第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。著書に『小児がん外科医 君たちが教えてくれたこと』(中公文庫)など。読売新聞オンライン記事の「yomiDr.」欄でコラム「松永正訓の小児医療~常識のウソ」を連載中。

呼吸器の子 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:現代書館
著者名:松永 正訓(著)
発行年月日:2017/06/20
ISBN-10:4768435556
ISBN-13:9784768435557
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:242ページ
縦:19cm

    現代書館 呼吸器の子 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!