The DevOps ハンドブック 理論・原則・実践のすべて [単行本]
    • The DevOps ハンドブック 理論・原則・実践のすべて [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年11月17日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002810277

The DevOps ハンドブック 理論・原則・実践のすべて [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年11月17日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日経BP社
販売開始日:2017/06/26
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 13464位

The DevOps ハンドブック 理論・原則・実践のすべて の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    DevOps改革を“迅速に・確実に・安全に”実践するための必読書。『TheDevOps逆転だ!』の「3つの道」の全貌が明らかに。
  • 目次

    序章 DevとOpsがDevOpsになる世界を想像してみよう

    第1部 3つの道
     第1章 アジャイル、継続的デリバリー、そして3つの道
     第2章 第1の道:フローの原則
     第3章 第2の道:フィードバックの原則
     第4章 第3の道:継続的な学習と実験の原則

    第2部 スタートのための糸口
     第5章 最初に手を付けるバリューストリームの選択方法
     第6章 バリューストリーム内の作業を理解し、それを可視化して、組織全体に広げる
     第7章 Conwayの法則を念頭に置いた組織とアーキテクチャの設計
     第8章 開発の日常業務に運用を統合してすばらしい成果を生み出す方法

    第3部 第1の道:フロー改善の技術的実践
     第9章 デプロイパイプラインの基礎の構築
     第10章 高速で信頼性の高い自動テストの実現
     第11章 継続的インテグレーションの実現と実践
     第12章 自動化とローリスクリリースの実現
     第13章 ローリスクリリースのアーキテクチャ

    第4部 第2の道:フィードバックの技術的実践
     第14章 問題の可視化と解決のための基礎となる遠隔測定データを作り出す
     第15章 遠隔測定データを分析して問題の予測と目標の達成に活かす
     第16章 フィードバックループを実現して開発と運用が安全にコードをデプロイできるようにする
     第17章 日常業務に仮説駆動開発とA/Bテストを組み込む
     第18章 レビューと調整プロセスによって現在の仕事の品質を上げる

    第5部 第3の道:継続的な学習と実験の技術的実践
     第19章 日常業務での学習の実現と日常業務への学習の注入
     第20章 一部門の発見を全社的な進歩につなげる
     第21章 組織的な学習と改善を生み出すための時間を確保する

    第6部 情報セキュリティ、変更管理、コンプライアンスを統合するための技術的実践
     第22章 すべてのエンジニアの毎日の職務として情報セキュリティを位置づける
     第23章 デプロイパイプラインを防御する

    行動提起:DevOpsハンドブックの締めくくりに
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    キム,ジーン(キム,ジーン/Kim,Gene)
    複数の賞を受賞しているCTO、研究者。IT Revolutionの創設者で、DevOps Enterprise Summitカンファレンスを主催している

    ハンブル,ジェズ(ハンブル,ジェズ/Humble,Jez)
    Jolt Awardを受賞したContinuous Delivery:Reliable Software Releases through Build,Test,and Deployment Automation(邦訳『継続的デリバリー信頼できるソフトウェアリリースのためのビルド・テスト・デプロイメントの自動化』)と画期的なLean Enterprise(邦訳『リーンエンタープライズ―イノベーションを実現する創発的な組織づくり』)の共著者である

    ドボア,パトリック(ドボア,パトリック/Debois,Patrick)
    独立ITコンサルタントで、開発、プロジェクト管理、システム管理でアジャイルテクニックを活用してプロジェクトと運用の間のギャップを埋める仕事をしている

    ウィリス,ジョン(ウィリス,ジョン/Willis,John)
    35年以上もIT管理の世界で仕事をしてきた。6冊のIBM Redbookを執筆し、Chain Bridge Systemsを設立してチーフアーキテクトを務めてきた。現在は、Docker,Inc.のエバンジェリストとして活躍している

    榊原 彰(サカキバラ アキラ)
    1986年日本アイ・ビー・エム株式会社入社。SEとして多数のシステム開発プロジェクトに参画。専門はアーキテクチャ設計技術。2005年にIBMディスティングイッシュト・エンジニアに任命される。2006年から同社東京基礎研究所にてサービス・ソフトウェア・エンジニアリングの研究に従事した後、グローバル・ビジネス・サービス事業CTO、スマーター・シティ事業CTOを経て2015年末に同社を退職。2016年1月より日本マイクロソフト株式会社にて執行役員最高技術責任者(CTO)
  • 出版社からのコメント

    DevOps改革を「迅速に・確実に・安全に」実践するための必読書です。
  • 内容紹介

    システムの開発と運用を一体化するDevOpsの理論と実践を徹底解説。
    ビジネス成果に結びつく考え方・導入・実践・事例を網羅した決定版です。
    事例については、Google、Facebook、Twitter、LinkedIn、Netflix、Target、Etsy、Pivotalなどの実例を当事者のコメントやポイントともに紹介しています。

    (本書で詳述する)「3つの道」はDevOpsの大原則であり、DevOpsを理解・実践するための大きな着眼点であるととらえればよい。第1の道はITバリューストリームのスピードアップであり、開発から運用を経て顧客接点のビジネスまでのスムーズな展開、第2の道はその逆方向でのフィードバックプロセスの有効化と迅速化、第3の道はこうした展開の安定と継続のなかで組織的に学習していくプロセスを表している。第1章の図5に示されているシンプルな矢印の重ね合わせこそが大原則なのである。
    本書の構成はこの「3つの道」を中心の部として配置し、そのなかにトピックごとの章立てがなされている。まずは「3つの道」の概念をしっかりと理解、頭に入れた上で読み進めるのがよいだろう。
    (監修者あとがきより)

The DevOps ハンドブック 理論・原則・実践のすべて の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP社
著者名:ジーン キム(著)/ジェズ ハンブル(著)/パトリック ドボア(著)/ジョン ウィリス(著)/榊原 彰(監修)/長尾 高弘(訳)
発行年月日:2017/06/26
ISBN-10:4822285480
ISBN-13:9784822285487
判型:A5
発売社名:日経BPマーケティング
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:487ページ
縦:21cm
その他: 原書名: THE DEVOPS HANDBOOK:How to Create World-Class Agility,Reliability,& Security in Technology Organizations〈Kim,Gene;Humble,Jez;Debois,Patrick;Willis,John〉

    日経BP社 The DevOps ハンドブック 理論・原則・実践のすべて [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!