池上彰の世界の見方 中東―混迷の本当の理由 [単行本]
    • 池上彰の世界の見方 中東―混迷の本当の理由 [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月26日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002815215

池上彰の世界の見方 中東―混迷の本当の理由 [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月26日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2017/08/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

池上彰の世界の見方 中東―混迷の本当の理由 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    受験生、就活生、学び直しの社会人に最適。中東の根本がよくわかる、世界の国と地域を学ぶ入門シリーズ決定版!基礎知識から最新情報まで!中高生への授業がもとなのでわかりやすくスラスラ読める!
  • 目次

    第1章 「混乱の始まり」から見る中東
    誰が自称「イスラム国」(IS)を生んだのか?/アフガニスタンにソ連が侵攻してきた/「ジハード」の意味は「イスラムの教えを守る努力」/パキスタンのスパイ組織がタリバンをつくった/イラクがクウェートに侵攻した/9.11アメリカ同時多発テロの背景

    第2章 「戦争とテロ」から見る中東
    アメリカはアフガニスタンを放置した/アメリカがイラクへ攻め込んだ/アメリカの無知が混乱を招いた/イラクは内戦状態に/自称「イスラム国」が生まれた/「アラブの春」が「イスラム国」の勢力を拡大した/自称「イスラム国」の野望は何か?

    第3章 「地理・民族・歴史」から見る中東
    どこから見て、中東なのか/中東15か国とはどんな国か/中東問題とその核心とは/イギリスの三枚舌が、パレスチナ問題の原因/600万人ものユダヤ人が虐殺された/国連がパレスチナを分割した/パレスチナ難民が生まれた/イスラエルの首都はテルアビブか? エルサレムか?

    第4章 「イスラム教」から見る中東
    イスラム教とユダヤ教とキリスト教は、同じ神様を信じている/イエス・キリストはユダヤ教徒だった/ムハンマドが神様の声を聞いた/ムハンマドは、偶像崇拝を禁止した/すべては『コーラン』に従う/イスラム教がシーア派とスンナ派に分かれた

    第5章 「石油利権」から見る中東
    石油の利権争いで、オイルショックが起こった/「オイルマネー」と「南南問題」/シェール革命で、何が変わったか?/OPECは石油の減産に反対した/ロシアはどう対応したのか

    第6章 「難民大発生」から見る中東
    スマートホンの普及と難民の大移動/その人たちは、難民か? 移民か?/「アラブ民族の大移動」は歴史に何を残すのか/難民に対する日本の対応

    真の国際貢献とは、何か

    中東・アラブ・イスラムの違い地図
    中東略年表
  • 内容紹介

    中東情勢の基本が驚くほどよくわかる

    国際紛争の震源地ともいえる中東。
    イスラム過激派によるテロが頻発し、大勢の難民が欧州に流入。
    なぜこんなことになってしまったのか?
    その答えを見いだすには、歴史のどの地点から見直せばよいのか?
    池上さんは、現在の中東の混乱は、1978年のソ連によるアフガニスタン侵攻から振り返るとわかりやすい、と言います。
    自称「イスラム国」(IS)が誕生して世界でテロが頻発するようになるまで、約40年の間に何があったのか?
    大国の身勝手、イスラム教の宗派対立、土地や資源をめぐる争い。
    理解しがたい中東の真実が、池上さんによって鮮やかに解説されます。
    本書は、池上彰が選ぶ独自のテーマで、世界の国と地域を解説する『池上彰の世界の見方』シリーズの4冊め。
    中東とイスラムの基礎・基本がよくわかります。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    中東だけをテーマに、基礎からじっくり解説した池上さん初の「中東本」です。
    こんがらがった糸をほぐすように、誰にもわかるように解説する、池上さんの真骨頂の本です。


    図書館選書
    現在の中東の混乱は、1978年のソ連によるアフガニスタン侵攻から始まる、とする池上オリジナル解説。テロ組織の系譜、イスラム教、難民の欧州流入、石油利権など、都立国際高校での特別授業をもとに構成。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    池上 彰(イケガミ アキラ)
    1950年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、73年にNHK入局。報道局社会部記者などを経て、94年4月から11年間にわたり、『週刊こどもニュース』のお父さん役を務め、わかりやすく丁寧な解説で人気を集める。2005年にNHKを退職し、フリージャーナリストに。12年より東京工業大学リベラルアーツセンター教授。16年より名城大学教授、東京工業大学特命教授

池上彰の世界の見方 中東―混迷の本当の理由 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:池上 彰(著)
発行年月日:2017/08/06
ISBN-10:4093885559
ISBN-13:9784093885553
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:235ページ
縦:19cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 池上彰の世界の見方 中東―混迷の本当の理由 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!