メンデルの軌跡を訪ねる旅(シリーズ・生命の神秘と不思議) [単行本]

販売休止中です

    • メンデルの軌跡を訪ねる旅(シリーズ・生命の神秘と不思議) [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
100000009002821033

メンデルの軌跡を訪ねる旅(シリーズ・生命の神秘と不思議) [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:裳華房
販売開始日: 2017/07/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

メンデルの軌跡を訪ねる旅(シリーズ・生命の神秘と不思議) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    遺伝の法則を発見したメンデル(Gregor Johann Mendel)は、研究の材料として有名なエンドウだけでなく、ブドウも用いて研究を行っていました。そのメンデルブドウは、じつは日本とチェコとの架け橋となっていたのです―。中学校、高等学校の教科書にも登場し、よく知られていると思われていたメンデルの事績を丹念に追跡し、メンデルの実像を捉え直します。
  • 目次

    1.メンデルブドウ100年
     1.1 なぜメンデルブドウにかかわるようになったか?
     1.2 メンデルブドウとは何か?
     1.3 なぜ100年前にメンデルブドウは日本へ来たか?
     1.4 チェコスロバキア共和国
     1.5 メンデルブドウ故郷へ帰る
     1.6 本章のおわりに

    2.メンデルの肖像
     2.1 メンデルの故郷
     2.2 メンデルの就学
     2.3 セント・トーマス修道院と修道院長ナップ
     2.4 修道士メンデル
     2.5 ウィーン大学での勉学
     2.6 国立ブルノ高等実科学校
     2.7 ブルノ自然科学研究会
     2.8 修道院長メンデル
     2.9 本章のおわりに

    3.メンデルの遺伝法則
     3.1 エンドウによる実験
     3.2 メンデルの法則の誕生
     3.3 7個の遺伝形質
     3.4 7個の遺伝形質を担う遺伝子
     3.5 メンデル─フィッシャー論争
     3.6 本章のおわりに

    4.メンデルの子孫
     4.1 はじめに
     4.2 メンデルの民族的アイデンティティ
     4.3 メンデルの係累の子孫とその周辺
     4.4 メンデル論文の原稿の運命
     4.5 本章のおわりに

    5.メンデルの法則の展開:優生学と育種学
     5.1 はじめに
     5.2 優生学説
     5.3 バウアー
     5.4 ナチスと人種政策
     5.5 バウアーの農業政策と突然の死去とその後
     5.6 本章のおわりに

    6.メンデルの法則を覆う影:ルイセンコ事件
     6.1 はじめに
     6.2 ルイセンコとヴァヴィロフ
     6.3 攻勢激化
     6.4 ヴァヴィロフの逮捕と獄死
     6.5 第二次世界大戦後の状況
     6.6 世界各国および日本への影響
     6.7 本章のおわりに

    7.メンデルの革新性
     7.1 はじめに
     7.2 メンデルの法則の再発見
     7.3 メンデルとネーゲリの交信
     7.4 メンデルの発見の革新性
     7.5 メンデルは時代を超越していた
     7.6 本章のおわりに

    8.メンデルの法則の日本への浸透
     8.1 はじめに
     8.2 日本への導入
     8.3 外山亀太郎のカイコの研究
     8.4 本章のおわりに
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    長田 敏行(ナガタ トシユキ)
    1945年長野県生まれ。1973年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士。現在、東京大学名誉教授、法政大学名誉教授
  • 出版社からのコメント

    中学校高等学校の教科書にも登場し、よく知られていると思われていたメンデルの事績を丹念に追跡し、メンデルの実像を捉え直します。
  • 内容紹介

     遺伝の法則を発見したメンデル(Gregor Johann Mendel)は、研究の材料として有名なエンドウだけでなく、ブドウも用いて研究を行っていました。そのメンデルブドウは、じつは日本とチェコとの架け橋となっていたのです──。
     中学校、高等学校の教科書にも登場し、よく知られていると思われていたメンデルの事績を丹念に追跡し、メンデルの実像を捉え直します。
  • 著者について

    長田 敏行 (ナガタ トシユキ)
    東京大学名誉教授、法政大学名誉教授、理学博士。1968年 東京大学理学部卒業、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。東京大学助手、名古屋大学助手、基礎生物学研究所助教授、東京大学教授、同 理学部附属植物園園長、法政大学教授などを歴任。

メンデルの軌跡を訪ねる旅(シリーズ・生命の神秘と不思議) の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:長田 敏行(著)
発行年月日:2017/07/20
ISBN-10:4785351233
ISBN-13:9784785351236
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:179ページ
縦:19cm
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 メンデルの軌跡を訪ねる旅(シリーズ・生命の神秘と不思議) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!