嗜好品カートとイエメン社会 [単行本]

販売休止中です

    • 嗜好品カートとイエメン社会 [単行本]

    • ¥6,600198ポイント(3%還元)
100000009002824838

嗜好品カートとイエメン社会 [単行本]

価格:¥6,600(税込)
ポイント:198ポイント(3%還元)(¥198相当)
日本全国配達料金無料
出版社:法政大学出版局
販売開始日: 2017/08/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

嗜好品カートとイエメン社会 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    現代イエメンの経済・文化・社会に大きな影響力をもつ嗜好品カート。その生産・流通・消費をめぐる現地調査を通じて、イエメン独自のイスラーム社会を描いた民族誌的研究。商品作物としてのカートについて日本語で書かれた初の総合的モノグラフである本書は、中東世界の多様性のみならず、人類の嗜好品との関係について普遍的な理解をもたらす。地域研究を超えた人文社会科学への貢献。
  • 目次

    序 論 イエメン、カート、イスラーム
     1 はじめに
     2 一つめの違和感──部族とカート
     3 二つめの違和感──イスラーム経済とカート
     4 本書の構成
     5 調査に関して

    第1章 カート伝来と消費の拡大
     1 はじめに
     2 カート伝来
     3 広がる消費
     4 南北イエメン時代
     5 統合イエメン時代

    第Ⅰ部 カートを噛む
     セッション会場にて

    第2章 カートをめぐるマナー
     1 噛む準備
     2 セッション会場
     3 通過儀礼とカート

    第3章 消費の変化
     1 はじめに
     2 一九七〇年代のカート・セッションの特徴
     3 二〇〇〇年代のカート・セッションの特徴
     4 おわりに

    コラム 男女の生活空間の分離の実際

    第Ⅱ部 嗜好品か薬物か
     嗜好品への執念

    第4章 薬物としてのカート
     1 生産地と消費地
     2 薬物とは何か
     3 薬物としてのカート
     4 イエメンにおけるカート問題

    第5章 嗜好品としてのカート
     1 嗜好品とは何か
     2 結衆の手段
     3 消費する場所
     4 消費形態の多様化

    コラム イルハームの決断

    第Ⅲ部 カートを作る
     カート生産地にて

    第6章 生産者とカート
     1 生産方法
     2 生産者の生活

    第7章 コーヒーとカート
     1 はじめに
     2 生産と販売の比較
     3 カート化の実際
     4 コーヒー化の可能性

    コラム 飲み物の話

    第Ⅳ部 カートを売買する
     カート市場にて

    第8章 流通経路とその効率化
     1 はじめに
     2 市場、商人、カート
     3 道路開発と流通量の増加
     4 流通の特徴と変化
     5 おわりに

    第9章 商人、生産者、購入者の関係
     1 はじめに
     2 情報の非対称性と信頼関係
     3 カート市場の特徴
     4 カート市場における信頼関係
     5 考 察

    コラム 女性と買い物

    結 論 ゆるやかな関係
     1 議論の総括
     2 ゆるやかな関係


    あとがき
    資 料
    参考文献
    索 引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大坪 玲子(オオツボ レイコ)
    東京大学教養学部教養学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位修得退学。博士(学術)。現在同研究科学術研究員。専門は文化人類学、中東地域研究
  • 出版社からのコメント

    現代イエメンの経済と文化に大きな意味をもつ嗜好品カート。その生産・流通・消費からイエメン独自のイスラーム社会を描く民族誌研…
  • 内容紹介

    現代イエメンの経済・文化・社会に大きな影響力をもつ嗜好品カート。その生産・流通・消費をめぐる現地調査を通じて、イエメン独自のイスラーム社会を描いた民族誌的研究。商品作物としてのカートについて日本語で書かれた初の総合的モノグラフである本書は、中東世界の多様性のみならず、人類の嗜好品との関係について普遍的な理解をもたらす。地域研究を超えた、人文社会科学全般への貢献。
  • 著者について

    大坪 玲子 (オオツボ レイコ)
    東京大学教養学部教養学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位修得退学。博士(学術)。現在同研究科学術研究員。専門は文化人類学。共著に『〈断〉 と 〈続〉 の中東──非境界世界を游ぐ』悠書館(2015年)、主な論文に「誠実な浮気者──イエメンにおけるカート市場の事例から」『文化人類学』(2013年)、「浮気できない人々──イエメンのカート商人の比較」『アジア・アフリカ言語文化研究』(2016年)がある。

嗜好品カートとイエメン社会 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:法政大学出版局
著者名:大坪 玲子(著)
発行年月日:2017/08/10
ISBN-10:4588336010
ISBN-13:9784588336010
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:民族・風習
言語:日本語
ページ数:338ページ ※293,45P
縦:22cm
他の法政大学出版局の書籍を探す

    法政大学出版局 嗜好品カートとイエメン社会 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!