ベートーヴェンの交響曲-理念の芸術作品への九つの道 [単行本]
    • ベートーヴェンの交響曲-理念の芸術作品への九つの道 [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月20日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002827603

ベートーヴェンの交響曲-理念の芸術作品への九つの道 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月20日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2017/09/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ベートーヴェンの交響曲-理念の芸術作品への九つの道 の 商品概要

  • 目次

    ベートーヴェン――交響曲作曲家の最たる者
    ナポレオン・ボナパルト
    管弦楽の重量感
    男性性という幻想
    構造
    ジャン・パウル風の「山羊の足」
    九つの交響曲
    個別的考察へのプロローグ
    無為な憶測
    思想を背負ったプロローグから解放的なフィナーレへ
    根源的な冒頭
    元型のイメージ
    一考の価値あるフガート
    異彩を放つ不協和音
    「間違った」出だし
    奔放なティンパニ
    表現を強める短縮
    ベートーヴェンの《英雄》への思い入れ
    境界の超越
    交響曲第一番から第九番まで
    交響曲第一番 ハ長調 作品21 
    交響曲第二番 ニ長調 作品36
    交響曲第三番 変ホ長調 作品55《英雄》
    交響曲第四番 変ロ長調 作品60 
    交響曲第五番 ハ短調 作品67 
    交響曲第六番 ヘ長調 作品68《田園》 
    交響曲第七番 イ長調 作品92 
    交響曲第八番 ヘ長調 作品93 
    交響曲第九番 ニ短調 作品125
    訳者あとがき
    注/人名索引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ゲック,マルティン(ゲック,マルティン/Geck,Martin)
    1936年、ドイツのヴィッテン生まれ。ミュンスター、ベルリン、キールで音楽学、神学、哲学を専攻。1976年よりドルトムント大学(現ドルトムント工科大学)で音楽学および音楽教育学の正教授となり、2001年に退職した後も同大学で教鞭を執る。17世紀から19世紀までの音楽史を専門とし、数多くの著書を執筆。ドイツ音楽史に関する著書や、大作曲家(バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューマン、ワーグナー、ブラームスなど)の伝記は高い評価を得ており、数十の言語に翻訳され、多数の文学賞を受賞している

    北川 千香子(キタガワ チカコ)
    慶應義塾大学准教授。専門は演劇・オペラ研究。広島大学、テュービンゲン大学、ウィーン大学、ベルリン自由大学で演劇学、ドイツ文学、音楽学を専攻。研究テーマは主にワーグナー、現代音楽劇、現代演出。2013年にベルリン自由大学演劇学研究所で博士号取得。ワーグナーや現代演出に関する論文を多数執筆
  • 出版社からのコメント

    単なる楽曲解説を超え、ベートーヴェンの交響曲の歴史的および思想的な背景を照らし出す、他に類のない交響曲(全9曲の)解説書。
  • 内容紹介

    国際的に著名な音楽学者マルティン・ゲックによる論考。単なる楽曲解説を超え、ベートーヴェンの交響曲の歴史的および思想的な背景を照らし出す、他にはない交響曲解説書。音楽学、歴史学、哲学、文学など、分野横断的で非常に多角的な観点から、分析と解釈を結び合わせ、ベートーヴェンの書いた音の「意味」や「真意」(メッセージ)について考察をめぐらせる。ベートーヴェンの交響曲全体に通底する概念や音楽的特徴を取り上げたあと、第1番から第9番までの交響曲ごとの解説が続く構成。「ゲックの著書を読んだ後には音楽が聴きたくなる――このジャンルに対するこれ以上の賛辞はない」(オーストリア・ラジオ)
  • 著者について

    マルティン ゲック
    Martin Geck:1936年、ドイツのヴィッテン生まれ。ミュンスター、ベルリン、キールで音楽学、神学、哲学を専攻。1976年よりドルトムント大学(現ドルトムント工科大学)で音楽学および音楽教育学の正教授となり、2001年に退職した後も同大学で教鞭を執る。17世紀から19世紀までの音楽史を専門とし、数多くの著書を執筆。ドイツ音楽史に関する著書や、大作曲家(バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューマン、ワーグナー、ブラームスなど)の伝記は高い評価を得ており、数十の原語に翻訳され、多数の文学賞を受賞している。


    北川 千香子 (キタガワ チカコ)
    慶應義塾大学准教授。専門は演劇・オペラ研究。広島大学、テュービンゲン大学、ウィーン大学、ベルリン自由大学で演劇学、ドイツ文学、音楽学を専攻。研究テーマは主にワーグナー、現代音楽劇、現代演出。2013年にベルリン自由大学演劇学研究所で博士号取得。著書に『クンドリー試論:象徴の諸断面』(Peter Lang, 2015)、共訳書にマルティン・ゲック著『ワーグナー』(上下巻)(岩波書店、2013/2014)他がある。

ベートーヴェンの交響曲-理念の芸術作品への九つの道 の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:マルティン ゲック(著)/北川 千香子(訳)
発行年月日:2017/10/10
ISBN-10:427613126X
ISBN-13:9784276131262
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:172ページ ※160,12P
縦:21cm
その他: 原書名: Die Sinfonien Beethovens.Neun Wege zum Ideenkunstwerk〈Geck,Martin〉
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 ベートーヴェンの交響曲-理念の芸術作品への九つの道 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!