魚だって考える-キンギョの好奇心、ハゼの空間認知 [単行本]
    • 魚だって考える-キンギョの好奇心、ハゼの空間認知 [単行本]

    • ¥1,94459ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002827634

魚だって考える-キンギョの好奇心、ハゼの空間認知 [単行本]

価格:¥1,944(税込)
ポイント:59ポイント(3%還元)(¥59相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:築地書館
販売開始日:2017/08/25
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 232301位

魚だって考える-キンギョの好奇心、ハゼの空間認知 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    実験に使う魚は自分たちで釣ってくる。実験器具はほぼ手づくり。研究の現場は、常に汗と涙にまみれている。トビハゼの機嫌をとり、イイダコをけしかけ、魚が考えていることを知りたい先生と学生たちの、ローテクだけど情熱あふれる、広島大学「こころの生物学」研究室奮戦記。
  • 目次

    まえがき サカナにはサカナの考えがある

    1 サカナの脳は小さいか
    キンギョvsハト
    ニューロンの数を数える
    大きければいいってもんじゃない

    2 サカナは臆病だけど好奇心もある
    ウキは友達
    体を張った行動観察
    サカナの臆病度判定テスト

    3 ゼブラフィッシュは寂しがり
    ほろ酔いゼブラフィッシュ
    ひとりにしないで
    シマシマLOVE

    4 サカナの逃げ足
    サカナvsヒト
    メダカvsコサギ

    5 恐怖するサカナ
    警報フェロモン発令中
    キンギョの古典的恐怖条件付け
    パルスを追え

    6 サカナも麻酔で意識不明?
    サカナと麻酔薬
    全身麻酔とサカナの意識

    7 各方面に気を配るトビハゼ
    研究室の存在意義をかけて
    舞台に上がるトビハゼ
    水玉模様がちらつく

    8 眼を見て誰かを当てるの術
    キンギョを見分ける法
    画期的な方法ができてしまった

    9 サカナいろいろ、脳いろいろ
    脳にはロマンがつまってる
    得意技が脳の形を作る
    涙をのんでハイテクを導入

    10 ハゼもワクワクするか
    サカナの空間認知力
    食いしん坊のアカオビシマハゼ

    11 飼育は楽し
    先生、事件です!
    迷えるイイダコ
    標本は鮮度が命

    12 スズキだって癒やされたい
    ハゼが消えた
    スズキは「知っている」のか?

    引用文献
    あとがき
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    吉田 将之(ヨシダ マサユキ)
    1965年茨城県生まれ。鹿児島大学理学部卒業。広島大学で博士号取得。現在、広島大学大学院生物圏科学研究科・准教授。カエルの味覚、カタツムリの脳、サカナの遊泳、オタマジャクシの脊髄、などの研究を経て、現在はサカナの心への生物心理学的なアプローチに取り組む
  • 出版社からのコメント

    魚を愛してやまない先生と学生たちのユニークな研究の数々と国内外の最新の研究成果も盛り込んだ生物研究の面白さが存分に味わえる。
  • 内容紹介

    著者の「こころの生物学」研究室では、
    「サカナが何かを考える仕組み」について、生物学の立場から研究をしている。

    研究室ではさまざまなサカナたちと同居しながら、実験道具を手づくりし、
    必要とあらば実験用のサカナも自分たちで釣ってくる。
    実験方法も斬新で、鍵盤を使ってサカナの行動を計測したりする。
    サカナを愛してやまない先生と学生たちのユニークな研究の数々と、
    国内外の最新の研究成果も盛り込んだ、生物研究の面白さが存分に味わえる一冊。
  • 著者について

    吉田 将之 (ヨシダ マサユキ)
    1965 年茨城県生まれ。鹿児島大学理学部卒業。広島大学で博士号取得。現在、広島大学大学院生物圏科学研究科・准教授。
    幼少時より動物の採集と飼育に励む。サカナや他の動物を理解することで、人間の理解に近づきたい。カエルの味覚、カタツムリの脳、サカナの遊泳、オタマジャクシの脊髄、などの研究を経て、現在はサカナの心への生物心理学的なアプローチに取り組む。山も海も好き。

    著書(いずれも分担執筆)
    『魚類のニューロサイエンス』(恒星社厚生閣、2002年)
    『動物は何を考えているのか?(動物の多様な生き方4)』(共立出版、2009年)
    『メジナ 釣る? 科学する?』(恒星社厚生閣、2011年)
    『生命・食・環境のサイエンス』(共立出版、2011年)
    『研究者が教える動物飼育・第3 巻』(共立出版、2012年)
    『研究者が教える動物実験・第2巻、第3巻』(共立出版、2015年)

魚だって考える-キンギョの好奇心、ハゼの空間認知 の商品スペック

商品仕様
出版社名:築地書館
著者名:吉田 将之(著)
発行年月日:2017/09/07
ISBN-10:480671545X
ISBN-13:9784806715450
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:202ページ
縦:19cm

    築地書館 魚だって考える-キンギョの好奇心、ハゼの空間認知 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!