偽りの日米開戦―なぜ、勝てない戦争に突入したのか(光人社NF文庫) [文庫]
    • 偽りの日米開戦―なぜ、勝てない戦争に突入したのか(光人社NF文庫) [文庫]

    • ¥85826ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年11月25日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002828013

偽りの日米開戦―なぜ、勝てない戦争に突入したのか(光人社NF文庫) [文庫]

価格:¥858(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年11月25日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:光人社
販売開始日: 2017/07/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

偽りの日米開戦―なぜ、勝てない戦争に突入したのか(光人社NF文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    中国との泥沼の戦闘を続けながら、なぜ大国アメリカはじめ、列強を敵に回しての戦争を決断したのか。満州事変、国際連盟脱退、日中戦争、ノモンハン事件、国際社会での孤立を深め、軍部の台頭を許し、戦争へと突き進んでいった日本はどこで針路を間違えたのか。視野狭窄に陥った昭和日本の悲劇の航跡を読み直す。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 謀略の満州
    第2章 偽りの満州支配
    第3章 国際情勢への無知
    第4章 蒋介石・毛沢東を知らずして
    第5章 藩閥軍隊の暴走
    第6章 ソ連軍に大敗
    第7章 大本営政府連絡会議の無責任
    第8章 負けるべくして負けたミッドウェー海戦
    第9章 アメリカにはめられたのか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    星 亮一(ホシ リョウイチ)
    1935年、仙台市生まれ。一関第一高校、東北大学文学部国史学科卒。福島民報社記者、福島中央テレビ報道制作局長を経て、現在、歴史作家。幕末の会津藩に関する作品をはじめ、戊辰戦争、近現代史や紀行本など幅広い著書を出版。著書『奥羽越列藩同盟』(中公新書)では、第19回福島民報出版文化賞、会津藩の研究でNHK東北ふるさと賞を受賞、『国境の島・対馬のいま』(現代書館)で平成27年日本国際情報学会功労賞受賞。この間、日本大学大学院で国際関係を学ぶ

偽りの日米開戦―なぜ、勝てない戦争に突入したのか(光人社NF文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:潮書房光人社
著者名:星 亮一(著)
発行年月日:2017/08/21
ISBN-10:4769830238
ISBN-13:9784769830238
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:233ページ
縦:16cm
他の光人社の書籍を探す

    光人社 偽りの日米開戦―なぜ、勝てない戦争に突入したのか(光人社NF文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!