十五歳の戦争―陸軍幼年学校「最後の生徒」(集英社新書) [新書]
    • 十五歳の戦争―陸軍幼年学校「最後の生徒」(集英社新書) [新書]

    • ¥83626ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002829629

十五歳の戦争―陸軍幼年学校「最後の生徒」(集英社新書) [新書]

  • 4.0
価格:¥836(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日: 2017/08/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

十五歳の戦争―陸軍幼年学校「最後の生徒」(集英社新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    昭和二十年四月一日。少年・矢島喜八郎、のちの作家・西村京太郎は、エリート将校養成機関「東京陸軍幼年学校」に入学した。八月十五日の敗戦までの、短くも濃密な四か月半。「天皇の軍隊」の実像に戸惑い、同級生の遺体を燃やしながら死生観を培い、「本土決戦で楯となれ」という命令に覚悟を決めた―。戦時下の少年は何を見て、何を悟ったのか。そして、最後の混乱をどのように生き抜いて作家となったのか。本書は、自身の来歴について、著者が初めて書き下ろした自伝的ノンフィクション。いまこそ傾聴したい、戦中派の貴重な証言である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 十五歳の戦争(世界大恐慌の時に生れた
    東京陸軍幼年学校の日々)
    第2章 私の戦後―特に昭和二十年(前半は戦争、後半は平和だった時代)(戦後はゼロから始まったというのは、嘘である
    憲法改正問題
    日本全体が飢餓状態
    戦後を生き抜く―作家になるまでの紆余曲折)
    第3章 日本人は戦争に向いていない(日本の軍人には、現代戦がわからなかった
    現代戦に向かない性格と国民性
    なぜ、日本の軍人は、死を生の上に置くのか
    国の義務は兵士を見捨てないことであり、兵士の義務は国を見捨てないことである)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西村 京太郎(ニシムラ キョウタロウ)
    1930年東京生まれ。作家。63年、『歪んだ朝』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。65年、『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、81年、『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞受賞。十津川警部を主人公にした一連のミステリーは根強い人気シリーズとなる。2005年日本ミステリー文学大賞受賞
  • 内容紹介

    昭和20年、エリート将校養成機関「東京陸軍幼年学校」で体験した、短くも濃密な4か月半。少年の目に映った「天皇の軍隊」の現実とは? 著者が書き下ろした、初の自伝的ノンフィクション。

十五歳の戦争―陸軍幼年学校「最後の生徒」(集英社新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:西村 京太郎(著)
発行年月日:2017/08/14
ISBN-10:4087208958
ISBN-13:9784087208955
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:伝記
言語:日本語
ページ数:249ページ
縦:18cm
他の集英社の書籍を探す

    集英社 十五歳の戦争―陸軍幼年学校「最後の生徒」(集英社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!