民法総則 [単行本]
    • 民法総則 [単行本]

    • ¥4,860146ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年8月19日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
民法総則 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002836014

民法総則 [単行本]

価格:¥4,860(税込)
ポイント:146ポイント(3%還元)(¥146相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年8月19日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本評論社
販売開始日:2017/09/12
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 349164位

民法総則 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    初めてでも通読できる「基本書」、平成29年改正に完全対応!学力の向上に合わせ段階的に学習ができるよう、構成内容・レイアウトともに意識。詳細ながらも、読みやすい充実の1冊。
  • 目次

    第1章 民法総論

     § I 民法の意義
     § II 民法における要件・効果の構造
     §III 裁判の判断構造と民法上の権利の分類

    第2章 民法の基本原則

     § I 私権の公共性
     § II 信義誠実の原則(信義則)
     §III 権利濫用の禁止
     §IV 自力救済の禁止

    第3章 人(自然人)

     § I 自然人の権利能力およびその始期
     § II 自然人の権利能力の終期(死亡)
     §III 失踪宣告制度
     §IV 自然人の住所

    第4章 法人

     § I 法人の意義と種類
     § II 法人法定主義および権利能力なき社団
     §III 法人の設立
     §IV 法人登記
     § V 法人の活動
     §VI 一般法人の組織
     §VII 一般法人の定款の変更
     §VIII 一般法人の消滅

    第5章 物

     § I 「物」の意義
     § II 動産および不動産
     §III 従物についての法理
     §IV 果実の意義とその帰属

    第6章 法律行為(契約)

    第1節 契約の成立と内容の確定
     § I 私的自治の原則および契約自由の原則
     § II 契約の成立要件――契約の拘束力の根拠
     §III 契約内容の確定(契約の解釈)

    第2節 法律行為(契約)の無効
     § I 法律行為
     § II 公序良俗および強行規定
     §III 心裡留保および虚偽表示
     §IV 意思無能力無効
     § V 消費者契約および定型約款における不当条項規制
     §VI 無効の分類および無効をめぐる法律関係

    第3節 法律行為(契約)の取消し――契約の拘束力からの解放
     § I 取消しが認められる場合
     § II 取消権成立後および取消後の法律関係

    第4節 意思表示の効力発生時期など
     § I 到達主義の原則
     § II 意思表示の効力発生をめぐるその他の問題

    第7章 代理

    第1節 代理制度序説
     § I 代理総論
     § II 代理の分類および社会的意義・機能

    第2節 代理の効果が発生するための要件
     § I 代理の効果の根拠――代理の法的構成
     § II 本人・代理人間における要件――代理権の存在
     §III 代理行為

    第3節 有権代理行為の効果

    第4節 無権代理行為の効果
     § I 本人への効果不帰属
     § II 本人の追認権・追認拒絶権(無権代理による契約)
     §III 無権代理人の責任
     §IV 単独行為の無権代理
     § V 無権代理と相続

    第5節 表見代理
     § I 授権表示による表見代理(109条1項)
     § II 越権行為による表見代理(110条)
     §III 代理権消滅後の表見代理(112条1項)
     §IV 表見代理の重畳適用

    第6節 表見代理と無権代理
     § I 表見代理の効果
     § II 表見代理と無権代理

    第8章 条件、期限および期間の計算
     § I 条件
     § II 期限
     §III 期間の計算

    第9章 時効

    第1節 時効制度総論
     § I 時効の種類――消滅時効と取得時効
     § II 時効制度の根拠・存在理由
     §III 時効は権利得喪の原因か――実体法説と訴訟法説

    第2節 時効の基礎理論
     § I 時効の援用・時効利益の放棄(時効の基本概念(1))
     § II 時効の完成猶予・更新(時効の基本概念(2))

    第3節 消滅時効
     § I 債権の消滅時効
     § II 除斥期間および形成権の期間制限
     §III 債権以外の権利の消滅時効

    第4節 取得時効
     § I 所有権の取得時効
     § II 所有権以外の財産権の取得時効
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    平野 裕之(ヒラノ ヒロユキ)
    1960年東京に生まれる。1982年明治大学法学部卒業。1984年明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了。1995年明治大学法学部教授。現在、慶應義塾大学大学院法務研究科教授、早稲田大学法学部非常勤講師
  • 出版社からのコメント

    学力の向上に合わせ段階的に学習ができるような構成を内容・レイアウトともに意識。詳細な記述と判例を多数織り込む充実の1冊。
  • 著者について

    平野裕之 (ヒラノ ヒロユキ)
    應義塾大学大学院法務研究科教授

民法総則 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本評論社
著者名:平野 裕之(著)
発行年月日:2017/09/15
ISBN-10:453552159X
ISBN-13:9784535521599
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:490ページ
縦:22cm

    日本評論社 民法総則 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!