なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか―すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる [単行本]
    • なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか―すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月6日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002839691

なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか―すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる [単行本]

  • 4.0
価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月6日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:英治出版
販売開始日: 2017/08/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか―すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ほとんどのビジネスパーソンが「自分の弱さを隠す仕事」に多大な労力を費やしている―。ハーバードの発達心理学と教育学の権威が見出した、激しい変化に適応し、成長し続ける組織の原則とは。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか
    第1章 ようこそ、「発達指向型組織」へ
    第2章 「発達」するとはどういうことか?
    第3章 コンセプトの概観―エッジ、ホーム、グルーヴ
    第4章 グルーヴ―組織文化を築くための慣行と訓練
    第5章 営利企業を運営できるのか?―狭い意味でのビジネス上の価値
    第6章 最大の死角をあぶり出す―DDOで体験すること
    第7章 「ホーム」をつくる―DDOへの道を歩みはじめる
    エピローグ 職場での人の「あり方」を変える
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    キーガン,ロバート(キーガン,ロバート/Kegan,Robert)
    リーダーシップ学習の専門サービス会社「マインズ・アット・ワーク」の共同創設者。リサ・レイヒーと30年にわたって一緒に研究と実践に取り組んできた。ハーバード大学教育学大学院教授(成人学習・職業発達論)

    レイヒー,リサ・ラスコウ(レイヒー,リサラスコウ/Lahey,Lisa Laskow)
    リーダーシップ学習の専門サービス会社「マインズ・アット・ワーク」の共同創設者。ロバート・キーガンと30年にわたって一緒に研究と実践に取り組んできた。ハーバード大学大学院教員

    中土井 僚(ナカドイ リョウ)
    オーセンティックワークス株式会社代表取締役。リーダーシップ・プロデューサー。マインドセット変革に主眼を置いたリーダーシップ開発及び組織開発支援を行う。2005年よりマサチューセッツ工科大学上級講師であるオットー・シャーマー博士の提唱するU理論の日本における啓蒙と実践にも携わり、現在に至る

    池村 千秋(イケムラ チアキ)
    翻訳者

なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか―すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる の商品スペック

商品仕様
出版社名:英治出版
著者名:ロバート キーガン(著)/リサ・ラスコウ レイヒー(著)/中土井 僚(監訳)/池村 千秋(訳)
発行年月日:2017/08/09
ISBN-10:4862762204
ISBN-13:9784862762207
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
ページ数:397ページ
縦:22cm
その他: 原書名: An Everyone Culture:Becoming a Deliberately Developmental Organization〈Kegan,Robert;Lahey,Lisa Laskow〉
他の英治出版の書籍を探す

    英治出版 なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか―すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!