触発する歴史学―鹿野思想史と向きあう [単行本]
    • 触発する歴史学―鹿野思想史と向きあう [単行本]

    • ¥4,290129ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002840603

触発する歴史学―鹿野思想史と向きあう [単行本]

赤澤 史朗(編著)北河 賢三(編著)黒川 みどり(編著)戸邉 秀明(編著)
価格:¥4,290(税込)
ポイント:129ポイント(3%還元)(¥129相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済評論社
販売開始日:2017/08/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 344481位

触発する歴史学―鹿野思想史と向きあう [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人びとの“経験”や“個性”を注視し、民衆思想史・女性史・沖縄思想史などに取りくみ、多くの読者を惹きつけてきた鹿野政直。その著作に触発された研究者たちの鹿野思想史論。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 鹿野思想史の成立と方法(触発する歴史学―鹿野思想史の特徴と性格について
    前期鹿野思想史学の確立過程―『資本主義形成期の秩序意識』の形成にそくして
    鹿野思想史と丸山政治思想史―ドレイ性の剔抉)
    第2部 鹿野思想史の焦点/その問題群(「個性のふるまい」をめぐって
    呪詛される近代―大正デモクラシーと民衆思想史の交点で
    鹿野女性史の視角―『現代日本女性史』を読む
    思想史の場としての「健康」
    「兵士論」とその問題点―「インテリ兵」と「農民兵士」
    鹿野政直「浜田知明論」の深度と射程―歴史家が絵画を読むということ
    いのちの思想史の方へ―鹿野民衆思想史にとっての沖縄)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    赤澤 史朗(アカザワ シロウ)
    1948年生まれ。立命館大学名誉教授

    北河 賢三(キタガワ ケンゾウ)
    1948年生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授

    黒川 みどり(クロカワ ミドリ)
    静岡大学教授

    戸邉 秀明(トベ ヒデアキ)
    1974年生まれ。東京経済大学経済学部准教授

触発する歴史学―鹿野思想史と向きあう [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済評論社
著者名:赤澤 史朗(編著)/北河 賢三(編著)/黒川 みどり(編著)/戸邉 秀明(編著)
発行年月日:2017/08/12
ISBN-10:4818824593
ISBN-13:9784818824591
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:日本歴史
ページ数:260ページ
縦:22cm

    日本経済評論社 触発する歴史学―鹿野思想史と向きあう [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!