なぜか好かれる人の「ちょうど良い礼儀」 [単行本]
    • なぜか好かれる人の「ちょうど良い礼儀」 [単行本]

    • ¥1,43043ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年11月13日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002840863

なぜか好かれる人の「ちょうど良い礼儀」 [単行本]

価格:¥1,430(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年11月13日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本実業出版社
販売開始日:2017/09/23
ご確認事項:返品不可

なぜか好かれる人の「ちょうど良い礼儀」 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    適切な「礼儀」で印象は大きく変わる。“失礼”や“無礼”はあってはならないが、礼も心を込めないと“慇懃無礼”となる。「気が利く人」「好感を持たれる人」がさりげなくしていること。「失礼な振る舞い」をしないための45の心得。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「礼儀」は気持ちの伝え方に表れる(挨拶のしかたに人生観を垣間見る
    話し相手以外はシャットアウト ほか)
    第2章 「礼儀正しい人」はさりげない振る舞いから違う(褒めるポイントがずれると慇懃無礼になることも
    箸の上げ下ろしにマナーの真髄が宿る ほか)
    第3章 足りなくもない、すぎてもいない「ちょうど良い礼儀」(接待する人よりも先に行かない
    接待には「送り迎えの気持ち」を ほか)
    第4章 場面ごとに「最適な礼儀」(聞きたいことは「聞かれたいこと」
    会食での「料理」と「飲み物」の選び方 ほか)
    第5章 礼儀は毎日の「ちょっとした心がけ」で身につく(道具に対する「礼」を欠く人は、一流ではない
    モノを引きずって動かさない ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山﨑 武也(ヤマサキ タケヤ)
    広島県生まれ。1959年東京大学法学部卒業。ビジネスコンサルタントとして国際関連業務に幅広く携わるかたわら、茶道など文化面でも活動を続ける。仕事術、仕事にまつわる人間関係などのビジネス書での著作が多い
  • 出版社からのコメント

    「礼儀」はなかなか教わらないが、その有無で印象が大きく変わる。人生で大事な暗黙ルールとは?

なぜか好かれる人の「ちょうど良い礼儀」 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本実業出版社
著者名:山﨑 武也(著)
発行年月日:2017/10/01
ISBN-10:4534055242
ISBN-13:9784534055248
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:民族・風習
言語:日本語
ページ数:197ページ
縦:19cm

    日本実業出版社 なぜか好かれる人の「ちょうど良い礼儀」 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!