やさしいねこ―うちのぽー [単行本]
    • やさしいねこ―うちのぽー [単行本]

    • ¥1,21037ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年10月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002842658

やさしいねこ―うちのぽー [単行本]

価格:¥1,210(税込)
ポイント:37ポイント(3%還元)(¥37相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年10月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:扶桑社
販売開始日: 2017/10/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

やさしいねこ―うちのぽー [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ある日公園に現れた、ブサイクな1匹の野良猫。「ぽー」と名づけられたその猫は、他の猫がご飯を食べ終わるのを陰でじっと待っている、遠慮がちな猫でした。彼の体はいつも汚れ、傷ついていました。まわりの猫にいじめられ続けた、“弱虫ぽー”の物語。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 ブサイクでどんくさい野良猫、ぽー
    2 町内最弱の猫、ぽー
    3 家猫になった、ぽー
    4 子育てをする猫、ぽー
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    太田 康介(オオタ ヤススケ)
    1958年9月23日生まれ。滋賀県出身。フォトグラファーアシスタントを経て、編集プロダクションにカメラマンとして入社。1991年よりフリーに。日本写真家協会(JPS)会員。報道カメラマンとしてボスニア・ヘルツェゴビナやアフガニスタン、カンボジア、北朝鮮などを撮影。東日本大震災後は、原発周辺に取り残された家畜やペットの写真を撮るとともに、飼い主のいない猫のTNR(地域猫化)と給餌活動を続けている
  • 内容紹介

    まわりの猫にいじめられ続けた、“弱虫”ぽーの物語。

    ある日、著者の太田康介氏は自宅近くでブサイクな野良猫を見かけました。殺処分や事故死など、増えすぎてこれ以上不幸な猫を増やさないようにと、太田氏はその野良猫にTNR(捕獲、不妊手術、元に戻す)を実行。一代限りの“地域猫"として見守っていきます。

    しっぽに特徴があったので「ぽー」と名づけられたその猫は、他の猫に交じって餌を食べには来ますが、他の猫が食べ終わるのを陰でじっと待っている遠慮がちな猫でした。

    その体はいつも汚れ、傷ついていました。実は、ぽーは“町内最弱"で、まわりの猫たちからいじめられ続けていたのです。太田氏はそれを見ていたたまれず、ぽーを家猫として迎えました。

    すると、今度は家の中の猫にもいじめられるぽー。それでもぽーは、少しずつ先住猫たちの心を開いていきました。さらには新たに保護した子猫の世話も始め、太田家にはなくてはならない存在となっていったのです。

    深谷かほる氏の漫画『夜廻り猫』(講談社)で描かれて注目を浴びた、このやさしい猫「ぽー」の物語を綴った写真エッセイ。ぽーを描いた深谷氏の漫画も2本収録。

  • 著者について

    太田 康介 (オオタヤヤスケ)
    コソボやアフガニスタン、カンボジアなどを撮る戦場カメラマンとして活躍。東日本大震災後は、原発周辺に取り残された家畜やペットの写真を撮るとともに、飼い主のいない猫のTNR(地域猫化)と給餌活動を続けている。著書に『のこされた動物たち』『待ちつづける動物たち』(飛鳥新社)『うちのとらまる』(辰巳出版)など

やさしいねこ―うちのぽー [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:扶桑社
著者名:太田 康介(著)
発行年月日:2017/10/18
ISBN-10:4594078346
ISBN-13:9784594078348
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:111ページ
縦:21cm
他の扶桑社の書籍を探す

    扶桑社 やさしいねこ―うちのぽー [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!