金枝篇―呪術と宗教の研究〈第7巻〉穀物と野獣の霊〈下〉 [全集叢書]
    • 金枝篇―呪術と宗教の研究〈第7巻〉穀物と野獣の霊〈下〉 [全集叢書]

    • ¥10,450314ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年10月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002847853

金枝篇―呪術と宗教の研究〈第7巻〉穀物と野獣の霊〈下〉 [全集叢書]

価格:¥10,450(税込)
ポイント:314ポイント(3%還元)(¥314相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年10月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:国書刊行会
販売開始日: 2017/09/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

金枝篇―呪術と宗教の研究〈第7巻〉穀物と野獣の霊〈下〉 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    神なる動物を殺すこと。山羊や雄牛としてのディオニュソス、オシリスと豚の供儀、狩人による野獣の慰霊、農民による有害生物の慰霊、アイヌの熊祭、人間霊魂の動物への転生など、世界各地の動物霊の死と再生に関するフォークロアを詳説する。世紀転換期の読書界を震撼させた驚異の書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第9章 動物としての古代植物神
    第10章 神を食べること
    第11章 新穀の供犠
    第12章 肉食に関する類感呪術
    第13章 神である動物を殺すこと
    第14章 狩人による野獣の慰霊
    第15章 農民達による有害生物の慰霊
    第16章 人間霊魂の動物への転生
    第17章 動物聖餐の類型
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    フレイザー,J.G.(フレイザー,J.G./Frazer,James George)
    1854年スコットランド、グラスゴーの裕福な家庭に生まれる。グラスゴー大学卒業後、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに進み、民俗学・神話学を修める。1879年同カレッジのフェロー、1907年にはリヴァプール大学の教授となり、イギリス最初の社会人類学の講座を担当。また、パウサニアスなどギリシア・ローマの古典の翻訳・考証研究にも力を注ぐ。1941年没

    神成 利男(カンナリ トシオ)
    1917年秋田県に生まれる。朝鮮総督府鉄道局や大蔵省財務局に勤務。1959年頃から本書の翻訳を始める。1970年退職と同時にアイヌの里二風谷に移住。1991年に死去

    石塚 正英(イシズカ マサヒデ)
    1949年新潟県に生まれる。1981年立正大学大学院博士後期課程満期退学。立正大学文学部講師、東京電機大学理工学部講師を経て、東京電機大学大学院理工学研究科教授(文化史学・歴史知学専攻)。文学博士
  • 出版社からのコメント

    神々の死と再生の民俗を詳述。肉食に関する類感呪術、狩人による野獣の慰霊、霊魂の動物への転生など、動物霊を中心に取り上げる。
  • 内容紹介

    神々の死と再生に関するフォークロアを詳述。下巻は、神を食べること、肉食に関する類感呪術、神である動物を殺すこと、狩人による野獣の慰霊、人間霊魂の動物への転生、動物聖餐の類型など、動物霊を中心に取り上げる。v
  • 著者について

    J.G.フレイザー ( ジェームズジョージフレイザー)
    1854~1941年。スコットランド、グラスゴーに生まれる。ケンブリッジ大学トリニティー・カレッジ入学後、エドワード・タイラーなどに影響を受け人類学・民族学・神話学の研究を開始する。1907年リヴァプール大学教授に就任。40年以上の半生を『金枝篇』執筆と完成のために費やし、その研究はエリオットやコンラッドなどをはじめとする文学や、映画・美術・社会学など様々な領域に影響を与えている。

    神成利男 (カンナリトシオ)
    1917年秋田県に生まれる。朝鮮総督府・大蔵省財務局などに勤務中本書の翻訳を開始。1970年退職と同時にアイヌの里二風谷に移住、1991年に死去するまで本書の翻訳を続け、完成させる。訳書に『コタン探訪記――日本の知られざる辺境・北海道編』(北海道出版企画センター)などがある。

    石塚正英 (イシヅカマサヒデ)
    1949年新潟生まれ。1981年立正大学大学院博士後期課程満期退学。現在、東京電機大学大学院理工学研究科教授。博士(文学)。著書に『信仰・儀礼・神仏虐待』(世界書院)、『歴史知とフェティシズム』(理想社)、『歴史知と学問論』(社会評論社)などがある。

金枝篇―呪術と宗教の研究〈第7巻〉穀物と野獣の霊〈下〉 の商品スペック

商品仕様
出版社名:国書刊行会
著者名:J.G. フレイザー(著)/神成 利男(訳)/石塚 正英(監修)
発行年月日:2017/09/20
ISBN-10:4336055599
ISBN-13:9784336055590
判型:A5
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:民族・風習
言語:日本語
ページ数:333ページ ※295,38p
縦:24cm
横:16cm
その他: 原書名: THE GOLDEN BOUGH:A STUDY IN MAGIC AND RELIGION PART 5:SPIRITS OF THE CORN AND OF THE WILD〈Frazer,James George〉
他の国書刊行会の書籍を探す

    国書刊行会 金枝篇―呪術と宗教の研究〈第7巻〉穀物と野獣の霊〈下〉 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!