的確な実務判断を可能にするIFRSの本質〈第2巻〉 [単行本]
    • 的確な実務判断を可能にするIFRSの本質〈第2巻〉 [単行本]

    • ¥5,720172ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月15日日曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002850027

的確な実務判断を可能にするIFRSの本質〈第2巻〉 [単行本]

価格:¥5,720(税込)
ポイント:172ポイント(3%還元)(¥172相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月15日日曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:税務経理協会
販売開始日:2017/09/01
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 384084位

的確な実務判断を可能にするIFRSの本質〈第2巻〉 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    基準の設定の背景を含めた詳細な解説によって明らかにする。それぞれのIFRS規定が、どのような目的のために作成されたのか?IFRSに施された改訂は、どのような不都合を解消するためであったのか?
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 事業モデル―財務報告における認識、測定、表示及び開示に関する新たな視点(現行IFRSにおける事業モデル概念
    EFRAGの事業モデルRPの概要 ほか)
    第2章 金融資産の減損基準―検討の歴史と基準を理解するための主要ポイント(プロジェクトの変遷
    発生損失モデルの問題点及びその解決策としての予想損失モデル ほか)
    第3章 ヘッジ会計―IFRS第9号、IFRS第7号及びIAS第39号の改訂(2013年11月に改訂されたヘッジ会計等の概要
    金融資産又は金融負債のポートフォリオの金利エクスポージャーの公正価値ヘッジについての例外(IAS第39号第81A項、第89A項及びAG114項からAG132項) ほか)
    第4章 公正価値―IFRS第13号の解説(目的、範囲及び主要定義
    測定(公正価値測定を構成する諸要素) ほか)
    第5章 負債の公正価値測定と自己の信用リスク―自己の信用リスクを認識するということの意味(IFRS第9号及びIFRS第13号における自己の信用リスクの定義
    負債の公正価値測定と自己の信用リスクとの関係―信用リスクが悪化する場合 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山田 辰己(ヤマダ タツミ)
    1976年慶應義塾大学商学部卒業。公認会計士。住友商事株式会社、中央青山監査法人、国際会計基準審議会(IASB)理事を経て、2011年9月に有限責任あずさ監査法人パートナー(元理事)。2014年2月から国際統合報告評議会(IIRC)アンバサダー、同年10月から国際評価基準審議会(IVSC)評議員、2015年9月から中央大学特任教授、2016年4月から公認会計士・監査審査会委員。1995年から2001年まで国際会計基準委員会(IASC)日本代表を務め、2001年から2011年までIASB理事を務めた
  • 出版社からのコメント

    IFRSの基本的な考え方、及び「事業モデル」「金融資産の減損基準」「ヘッジ会計」「公正価値」等を取り上げ解説。

的確な実務判断を可能にするIFRSの本質〈第2巻〉 の商品スペック

商品仕様
出版社名:税務経理協会
著者名:山田 辰己(著)
発行年月日:2017/09/10
ISBN-10:4419064161
ISBN-13:9784419064167
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:383ページ
縦:21cm

    税務経理協会 的確な実務判断を可能にするIFRSの本質〈第2巻〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!