UnityによるARゲーム開発―作りながら学ぶオーグメンテッドリアリティ入門 [単行本]
    • UnityによるARゲーム開発―作りながら学ぶオーグメンテッドリアリティ入門 [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年1月19日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002851316

UnityによるARゲーム開発―作りながら学ぶオーグメンテッドリアリティ入門 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年1月19日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:オライリージャパン
販売開始日: 2017/09/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

UnityによるARゲーム開発―作りながら学ぶオーグメンテッドリアリティ入門 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ARアプリ開発の入門書。本書ではスマホゲーム『Foody GO』を実際に作りながら位置情報ベースのARゲームについて学びます。『Foody GO』はモンスターを探して捕まえレストランに連れていってアイテムとして売るというアドベンチャーゲームです。モバイル端末のGPSから現在位置を取得しゲームの世界観に合わせたマップを描画してその上に自分のアバターとモンスターをアニメーション付きで表示します。AndroidやiPhoneで遊べる実践的なスマホゲームを自分で作ることができるので、読者はUnityによるARゲーム開発と関連技術を体系的かつ体験的に学べます。日本語版では、ARKitやTangoによるARビューの実装についての解説を巻末付録として収録しました。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1章 はじめに
    2章 プレイヤーの位置のマッピング
    3章 アバターの作成
    4章 獲物の生成
    5章 ARでの獲物の捕獲
    6章 捕まえた物の保管
    7章 ARの世界の構築
    8章 ARの世界とのやりとり
    9章 ゲームの仕上げ
    10章 トラブルシューティング
    付録A TangoによるARビューの実装法
    付録B ARKitによるARビューの実装法
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ランハム,マイケル(ランハム,マイケル/Lanham,Micheal)
    petroWEB社のソリューションアーキテクト。先進的な空間サーチ能力を持つ統合GISアプリケーションの開発に従事。プロフェッショナルとアマチュアの両方の面でゲームデベロッパーとしてデスクトップとモバイル用のゲームを15年以上開発してきた。2007年にUnity 3Dに出会って以来、その熱狂的なファンでありデベロッパーである。カナダのアルバータ州カルガリー在住

    高橋 憲一(タカハシ ケンイチ)
    株式会社カブクで3Dグラフィックスのレンダリングや解析エンジンの実装を担当するソフトウェアエンジニア。これまで携帯向けの3DグラフィックスエンジンやスマートフォンのARアプリ(セカイカメラ)の開発に携わってきた

    江川 崇(エガワ タカシ)
    Smartium株式会社代表取締役。Google Developer Expert(Android)。モバイルやクラウドに関連する技術的な支援を本業としているソフトウェアデベロッパー

    安藤 幸央(アンドウ ユキオ)
    1970年北海道生まれ。株式会社エクサコンサルティング推進部所属。OpenGLをはじめとする3次元コンピューターグラフィックス、ユーザーエクスペリエンスデザインが専門。Webから情報家電、スマートフォンアプリ、VRシステム、巨大立体視ドームシアター、デジタルサイネージ、メディアアートまで、多岐にわたった仕事を手がける
  • 出版社からのコメント

    ARアプリ開発の入門書。実際にスマフォゲームを作りながら位置情報ベースのARゲームについて学ぶことができる。
  • 内容紹介

    AR(拡張現実)アプリ開発の基本を学ぶ!
    ARアプリ開発の入門書。本書ではスマホゲーム『Foody GO』を実際に作りながら位置情報ベースのARゲームについて学びます。『Foody GO』はモンスターを探して捕まえレストランに連れていってアイテムとして売るというアドベンチャーゲームです。モバイル端末のGPSから現在位置を取得しゲームの世界観に合わせたマップを描画してその上に自分のアバターとモンスターをアニメーション付きで表示します。iPhoneやiPod、Androidで遊べる実践的なスマホゲームを自分で作ることができるので、読者はUnityによるARゲーム開発と関連技術を体系的かつ体験的に学べます。

UnityによるARゲーム開発―作りながら学ぶオーグメンテッドリアリティ入門 の商品スペック

商品仕様
出版社名:オライリー・ジャパン
著者名:マイケル ランハム(著)/高橋 憲一(訳)/あんどう やすし(訳)/江川 崇(訳)/安藤 幸央(訳)
発行年月日:2017/09/01
ISBN-10:4873118107
ISBN-13:9784873118109
判型:B5
発売社名:オーム社
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:323ページ
縦:24cm
横:19cm
その他: 原書名: Augmented Reality Game Development〈Lanham,Micheal〉
他のオライリージャパンの書籍を探す

    オライリージャパン UnityによるARゲーム開発―作りながら学ぶオーグメンテッドリアリティ入門 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!