きっと誰かが祈ってる [単行本]
    • きっと誰かが祈ってる [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002859128

きっと誰かが祈ってる [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2017/09/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

きっと誰かが祈ってる [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    親の病気や生活苦、失踪、虐待や育児放棄など様々な理由で実親と暮らせないゼロ歳から二歳までの子どもたちが生活する乳児院・双葉ハウス。ここでは、赤ちゃん一人ひとりの担当療育者を決めている。赤ちゃんに絶対的な安心感を与える“特別な大人”を、双葉ハウスでは“マザー”と呼び、赤ちゃんとマザーは擬似的な親子関係を築いていく。しかし、赤ちゃんが二歳を迎える前にその親子関係は終わることになる―子どもが物心つく前に。双葉ハウスに勤める島本温子は、保育士歴十二年。最初に担当した多喜が不幸になっているのではと思った温子はある行動に出る…。乳児院で奮闘する保育士を描く、あふれる愛の物語。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山田 宗樹(ヤマダ ムネキ)
    1965年愛知県生まれ。「直線の死角」で第18回横溝正史ミステリ大賞を満場一致で受賞し作家デビュー。2003年に発表した『嫌われ松子の一生』が映画、ドラマ化され大ベストセラーとなる。2013年『百年法』で第66回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞

きっと誰かが祈ってる [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:山田 宗樹(著)
発行年月日:2017/09/20
ISBN-10:4344031768
ISBN-13:9784344031760
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
ページ数:228ページ
縦:20cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 きっと誰かが祈ってる [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!