おめでたい女 [単行本]
    • おめでたい女 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002859875

おめでたい女 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2017/11/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

おめでたい女 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    25年連れ添った映画監督の夫との別れ、愛と憎、そして死。渾身の力で離婚のすべてを描いた圧倒の私小説!
  • 内容紹介

    佐藤愛子さんも激賞、圧倒の離婚私小説!

    《離婚後、ずっと自分で五十枚の原稿を書いていた。これが世に出なければ死んでも死にきれないと思った。「神様、この原稿を書き上げる力を下さい」と神頼みしながら書いた。(中略)今回神頼みするにあたり、「わたしは空手で、大事なお願い事は致しません。原稿が書けるのなら今までの名前は捨てます」と誓ったので今後は、鈴木マキコで書いていきます》(小学館文庫「逆襲、にっぽんの明るい奥さま」あとがきより)
    さわベス2017文庫編1位に輝いた「逆襲、にっぽんの明るい奥さま」の著者・夏石鈴子がそのペンネームを捨て、全身全霊をかけて自身の離婚のすべてを描いた圧倒の私小説。
    連載中、あの佐藤愛子さんが思わず筆を執り著者の才能を激賞。「別れたいのに別れられない」女性、必読。

    図書館選書
    わたしの夫は映画監督。わたしは普通の会社員で二人の子どもがいる。一緒に暮らして25年目、わたしは離婚を決意した。著者自身の壮絶な体験と心情を淡々としながら凄みある文体で描いた傑作私小説。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    鈴木 マキコ(スズキ マキコ)
    1963年東京生まれ。上智大学短期大学部英語科卒業。作家・新解さん友の会会長。97年、「夏石鈴子」のペンネームで『バイブを買いに』を発表。短篇集『逆襲、にっぽんの明るい奥さま』(小学館文庫)は、盛岡さわや書店主催の「さわベス2017」文庫編1位に選ばれた。2007年映画監督・荒戸源次郎と結婚、2014年離婚

おめでたい女 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:鈴木 マキコ(著)
発行年月日:2017/11/07
ISBN-10:4093864829
ISBN-13:9784093864824
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:233ページ
縦:20cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 おめでたい女 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!