さよなら、田中さん [単行本]
    • さよなら、田中さん [単行本]

    • ¥1,32080ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月26日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002859876

さよなら、田中さん [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,320(税込)
ポイント:80ポイント(6%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月26日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2017/10/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

さよなら、田中さん [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るくたくましいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで生きている。この母娘を中心とした日常の事件を時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で鮮やかに描ききる。「12歳の文学賞」史上初3年連続大賞受賞。5編からなる連作短編集。圧倒的小説デビュー作。
  • 目次

    目次

    いつかどこかで・・・・・・・・・・5
    花も実もある・・・・・・・・・・・58
    Dランドは遠い・・・・・・・・・152
    銀杏拾い・・・・・・・・・・・・・163
    さよなら、田中さん・・・・・・182
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    いつかどこかで;花も実もある;Dランドは遠い;銀杏拾い;さよなら、田中さん
  • 内容紹介

    14歳スーパー中学生作家、待望のデビュー

    田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで過ごしている。そんな花実とお母さんを中心とした日常の大事件やささいな出来事を、時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で描ききる。今までにないみずみずしい目線と鮮やかな感性で綴られた文章には、新鮮な驚きが。
    友人とお父さんのほろ苦い交流を描く「いつかどこかで」、
    お母さんの再婚劇に奔走する花実の姿が切ない「花も実もある」、
    小学4年生時の初受賞作を大幅改稿した「Dランドは遠い」、
    田中母娘らしい七五三の思い出を綴った「銀杏拾い」、
    中学受験と、そこにまつわる現代の毒親を子供の目線でみずみずしく描ききった「さよなら、田中さん」。
    全5編収録。


    【編集担当からのおすすめ情報】
    この秋、出版界の話題をさらう新人作家がデビューします。その名は、鈴木るりか。平成15年生まれの中学二年生。小学館が主催する「12歳の文学賞」史上初3年連続大賞受賞。その際、あさのあつこ氏、石田衣良氏、西原理恵子氏ら先生方から大絶賛を受けましたが、すごいのはその先です。受賞作をもとに、連作短編集に仕上げるため書き下ろし原稿を依頼したのですが、その進化がめざましく、3編の素晴らしい原稿が上がって来ました。
    著者14歳の誕生日に、待望のデビュー作を刊行します。
    是非、この新しい才能を感じてください。

    図書館選書
    花実は12歳。貧しい母子家庭だがたくましい母親と笑顔の絶えない毎日を送っている。そんな母娘を中心に、身辺に起こる事件の数々を連作短編5編で綴る。笑いと、時にホロッと泣かされる、明るく切ない人間ドラマ。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    鈴木 るりか(スズキ ルリカ)
    2003年10月17日東京都生まれ。史上初、小学4年生、5年生、6年生時に3年連続で小学館主催『12歳の文学賞』大賞を受賞。現在都内の中学校2年在学中

さよなら、田中さん [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:鈴木 るりか(著)
発行年月日:2017/10/17
ISBN-10:4093864845
ISBN-13:9784093864848
判型:B6
発売社名:小学館
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:253ページ
縦:19cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 さよなら、田中さん [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!