地方創生―これから何をなすべきか [単行本]
    • 地方創生―これから何をなすべきか [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002860200

地方創生―これから何をなすべきか [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創成社
販売開始日:2017/09/22
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 460147位

地方創生―これから何をなすべきか [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    地方創生の取組と展望―成長モデルから定常モデルへ
    防災・減災の観点から見た人口対策と地方創生―長岡京市を例として
    空き家問題と移住―NPO法人尾道空き家再生プロジェクトの活動を例として
    歴史的構造物の保存と活用―朝来市竹田城を例として
    文化(アニメ)による活性化―「聖地巡礼」現象の第二フェーズに向けて
    地域の歴史を活かしたまちづくり―大阪北梅田地区:茶屋町・鶴野町を例として
    神戸の地域創生策としての起業家支援―神戸の事例から
    国家戦略特区域指定と地方創生―養父市中山間農業改革特区
    低補助金社会の実現―吹田くわい栽培農家の地域活性化・社会貢献活動を中心にして
    地域活性化策としてのふるさと納税―全国の特徴ある事例から
    地方創生における人材育成―宮津青年会議所の地域で輝く人づくり
    地域社会における組織学習―鹿児島県長島町における地域おこし協力隊の活動事例から
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    橋本 行史(ハシモト コウシ)
    1953年兵庫県生まれ。京都大学法学部卒業。神戸大学大学院経営学研究科修了。博士(経営学)。神戸市総務局職員部主幹を経て、甲子園大学助教授・同教授、京都女子大学教授。現在、関西大学政策創造学部・同ガバナンス研究科教授。日本地方自治研究学会常任理事、地域活性学会理事

地方創生―これから何をなすべきか [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:創成社
著者名:橋本 行史(編著)
発行年月日:2017/09/10
ISBN-10:4794431821
ISBN-13:9784794431820
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
ページ数:247ページ
縦:21cm

    創成社 地方創生―これから何をなすべきか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!