我々は人間なのか?―デザインと人間をめぐる考古学的覚書き [単行本]
    • 我々は人間なのか?―デザインと人間をめぐる考古学的覚書き [単行本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月17日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002861581

我々は人間なのか?―デザインと人間をめぐる考古学的覚書き [単行本]

価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月17日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ビー・エヌ・エヌ新社
販売開始日:2017/10/26
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 376449位

我々は人間なのか?―デザインと人間をめぐる考古学的覚書き の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    近代デザイン/建築を問い直しつつ、先史時代から現代までの「人間」を発掘する。“are we human?”―我々は人間なのか?今、デザインに求められるのは、この問いだ。
  • 目次

    1. デザインという鏡
    2. 変化する人間
    3. デザインの衝撃
    4. 人間の発明
    5. 装飾する種
    6. ユートピアだより
    7. よいデザインは麻酔である
    8. 健康のデザイン
    9. 人間中心デザイン
    10. 摩擦のないシルエット
    11. 身体のデザイン
    12. 倒錯としてのデザイン
    13. 亡霊のデザイン
    14. 不安定な 身体
    15. ホモ・セルラー
    16. 2秒間のデザイン

    解説--「デザイン」をめぐる認識論的転回(伊村靖子)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    コロミーナ,ビアトリス(コロミーナ,ビアトリス/Colomina,Beatriz)
    1952年スペイン生まれ。プリンストン大学建築学部教授、メディア&モダニティ・プログラムの創設者にしてディレクター。建築、芸術、性、メディアに関する問題を横断的に扱っている。第3回イスタンブール・デザイン・ビエンナーレの共同キュレーター

    ウィグリー,マーク(ウィグリー,マーク/Wigley,Mark)
    1956年ニュージーランド生まれ。コロンビア大学GSAPP学部長。1988年、建築家フィリップ・ジョンソンとともにMoMAの「Deconstructivist Architecture」展のキュレーターを務める。2005年にはレムコールハース、オレ・ボウマンとともに建築雑誌『Volume』を創刊する。第3回イスタンブール・デザイン・ビエンナーレの共同キュレーター

    牧尾 晴喜(マキオ ハルキ)
    1974年、大阪生まれ。建築やデザイン関係の翻訳を手がけている。フレーズクレーズ代表

    伊村 靖子(イムラ ヤスコ)
    情報科学芸術大学院大学(IAMAS)講師。近年は、美術とデザインの関係史に関心を持つ
  • 内容紹介

    デザインは、常に人間にとって役に立つものとしてその姿を現すが、その本当の狙いは人間をリ・デザインすることである。
    作り手のみならず、「デザイン=便利なもの」と考えるすべての人におくる、建築理論家コンビによる越境的デザイン考!


    本書は、先史時代(石器)から現代(ソーシャルメディア)に至るまでの、人間と人間が作り出した人工物(artifact)の関係性を照らし出すことで、現在の私たちが理解している「人間」と「デザイン」の意味に揺さぶりをかけます。

    ダーウィンやプレストウィッチらによって発見された、生物学的・考古学的な「人間」。
    その人間像や工業化に影響を受けた、実はポスト・ヒューマン思想への反応である近代デザイン。
    こうして19世紀に見出されたデザインから、アメリカでつくられたグッド・デザイン、そして、20世紀を代表するデザイナーであるル・コルビュジエやチャールズ&レイ・イームズたちへ......

    デザインの変遷をたどることで、よいデザインは「なめらかさ」という麻酔であること、そこには「欲望」や「亡霊」が隠されていることが暴露されていきます。
    著者の歩みはそこで終わることなく、生命すらデザイン可能なバイオテクノロジー、携帯電話とソーシャルメディア......と、現在私たちが生きる「デザインの帝国」を問い直します。

    第3回イスタンブール・デザイン・ビエンナーレのエッセンスを凝縮して新たに展開させた本書は、デザインという鏡に映る、私たち「人間」の姿を追い求めます。
    その導き手となる問いこそが、”are we human?"(我々は 人間 なのか?)なのです。
  • 著者について

    ビアトリス・コロミーナ (ビアトリスコロミーナ)
    ビアトリス・コロミーナ(Beatriz Colomina)
    1952年スペイン生まれ。プリンストン大学建築学部教授、メディア&モダニティ・プログラムの創設者にしてディレクター。翻訳書には『マスメディアとしての近代建築―アドルフ・ロースとル・コルビュジエ』(松畑強訳、鹿島出版会、1996年)。その他、著書多数。建築、芸術、性、メディアに関する問題を横断的に扱っている。第3回イスタンブール・デザイン・ビエンナーレの共同キュレーター。

    マーク・ウィグリー (マークウィグリー)
    マーク・ウィグリー(Mark Wigley)
    1956年ニュージーランド生まれ。コロンビア大学GSAPP学部長。1988年、建築家フィリップ・ジョンソンとともにMoMAの『Deconstructivist Architecture』展のキュレーターを務める。2005年にはレムコールハース、オレ・ボウマンとともに建築雑誌『Volume』を創刊する。第3回イスタンブール・デザイン・ビエンナーレの共同キュレーター。ビアトリス・コロミーナとは夫妻。

我々は人間なのか?―デザインと人間をめぐる考古学的覚書き の商品スペック

商品仕様
出版社名:ビー・エヌ・エヌ新社
著者名:ビアトリス コロミーナ(著)/マーク ウィグリー(著)/牧尾 晴喜(訳)/伊村 靖子(解説)
発行年月日:2017/10/24
ISBN-10:4802510772
ISBN-13:9784802510776
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:319ページ
縦:21cm
横:14cm
その他: 原書名: ARE WE HUMAN?〈Colomine,Beatriz;Wigley,Mark〉

    ビー・エヌ・エヌ新社 我々は人間なのか?―デザインと人間をめぐる考古学的覚書き [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!