学習指導要領の改訂に関する教育方法学的検討―「資質・能力」と「教科の本質」をめぐって(教育方法〈46〉) [全集叢書]
    • 学習指導要領の改訂に関する教育方法学的検討―「資質・能力」と「教科の本質」をめぐって(教育方法〈46〉) [全集叢書]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月20日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002864967

学習指導要領の改訂に関する教育方法学的検討―「資質・能力」と「教科の本質」をめぐって(教育方法〈46〉) [全集叢書]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月20日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:図書文化社
販売開始日: 2017/10/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

学習指導要領の改訂に関する教育方法学的検討―「資質・能力」と「教科の本質」をめぐって(教育方法〈46〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    学習指導要領の改訂をめぐって、「学習指導要領のあり方」そのものを原理的に問いながら、教育実践の方向性を「教育のスタンダード化」にかかわって具体的に検討。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 学習指導要領のあり方を問い直す(学習指導要領の原理的考察と今次改訂の特質;グローバル化の中の次期学習指導要領の特質;資質・能力ベースのカリキュラム改革と教科指導の課題 ほか)
    第2部 教育のスタンダード化と教育方法学の課題(教育の「定型化」に挑む教育実践研究の歩み;授業のスタンダード化と教育実践の課題;授業のスタンダード化と教師教育の課題)
    第3部 教育方法学の研究動向(「エビデンスに基づく教育」に関する研究の動向;多様な文化的背景の子どもたちに対する教育に関する研究の動向と今後の課題)
  • 内容紹介

    学習指導要領の改訂を多角的な視点で見つめる
    約10年ぶりの学習指導要領の改訂。
    これまでの改訂の変遷を振り返りながら,今回掲げられた「資質・能力の育成」「教科の本質」について多様な視点から検討を重ねる。

    研究者はもちろん,教育学の大学院生や教職大学院生におすすめです。

学習指導要領の改訂に関する教育方法学的検討―「資質・能力」と「教科の本質」をめぐって(教育方法〈46〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:図書文化社
著者名:日本教育方法学会(編)
発行年月日:2017/10/20
ISBN-10:4810076970
ISBN-13:9784810076974
判型:A5
発売社名:図書文化社
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:教育
言語:日本語
ページ数:167ページ
縦:21cm
他の図書文化社の書籍を探す

    図書文化社 学習指導要領の改訂に関する教育方法学的検討―「資質・能力」と「教科の本質」をめぐって(教育方法〈46〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!