ありがとうのかんづめ―子育て短歌ダイアリー [単行本]
    • ありがとうのかんづめ―子育て短歌ダイアリー [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月26日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002867747

ありがとうのかんづめ―子育て短歌ダイアリー [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月26日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2017/11/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ありがとうのかんづめ―子育て短歌ダイアリー [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    振り返れば子育ては何もかもが「期間限定」のいとおしい時間です。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    幼稚園卒園まで さざやかな風
    一年生 いちねんせいひみつぶっく
    二年生 石垣島へ さとうきび畑の鬼ごっこ
    三年生 オレが見ているほうが前
    四年生 ドラムの響き
    五年生 子のおらぬ週末
  • 内容紹介

    子育ては何もかも期間限定のいとおしい時間

    東日本大震災を機に、仙台から移り住んだ石垣島。都会の生活から一変した島の暮らしが親子に与えてくれた豊かな時間が、短歌と共に綴られます。
    「たくみん」は中学2年生に成長し、親がしてやれることもだんだんと少なくなってきたことを実感する日々。
    『ありがとうのかんづめ』というタイトルには、俵さんの、子育ての日々の中で授けられた感謝の思いを閉じ込めた「この缶詰一個あれば、母は充分」という意味が込められています。
    「子育て」は「親育て」であることを実感するハートウォーミングなエッセイです。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    俵さんのtwitterで、その独特な言葉のセンスで人気のひとり息子「たくみん」。「たくみん」が5歳になるまでの子育ての日々をつづった『たんぽぽの日々』から7年。『edu』で人気を博した連載「子育て短歌エッセイ」の完結編です。

    図書館選書
    一人息子「たくみん」の幼稚園年中から5年生までの子育ての日々を謳った短歌とエッセイ。前作『「たんぽぽの日々』から7年を経ての続編です。現在中学2年生になった息子との暮らしを綴ったエピローグを収録。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    俵 万智(タワラ マチ)
    歌人。1962年、大阪府生まれ。早稲田大学卒業後、神奈川県立高校の国語教諭になり1989年まで勤める。1987年に第一歌集『サラダ記念日』を出版、新しい感覚が話題を呼び、大ベストセラーとなる。歌集『プーさんの鼻』(第11回若山牧水賞受賞)など。エッセイもある

ありがとうのかんづめ―子育て短歌ダイアリー [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:俵 万智(著)
発行年月日:2017/11/11
ISBN-10:409388577X
ISBN-13:9784093885775
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学詩歌
言語:日本語
ページ数:255ページ
縦:19cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 ありがとうのかんづめ―子育て短歌ダイアリー [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!