グループポリシー逆引きリファレンス厳選98-Windows Server 2008~2016&Windows 7~10対応 [単行本]
    • グループポリシー逆引きリファレンス厳選98-Windows Server 2008~2016&Windows 7~10対...

    • ¥3,18696ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年8月19日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002872150

グループポリシー逆引きリファレンス厳選98-Windows Server 2008~2016&Windows 7~10対応 [単行本]

価格:¥3,186(税込)
ポイント:96ポイント(3%還元)(¥96相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年8月19日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日経BP社
販売開始日:2017/10/21
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 36482位

グループポリシー逆引きリファレンス厳選98-Windows Server 2008~2016&Windows 7~10対応 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    システム管理者のよくある悩みを即効解決!よく使う定番ポリシー設定を目的別に解説。Windows Server 2008~2016&Windows 7~10対応。
  • 目次

    第1章 グループポリシーの基礎

    1.1 準備
    Q1 グループポリシーの概要
      コラム 登録商標としてのActive Directory
    Q2 グループポリシーを構成するには
    Q3 既定のグループポリシーを管理するには

    1.2 基本操作
    Q4 グループポリシーオブジェクトを作成するには
      コラム リンクしてから構成してはいけないのか
      コラム ポリシー階層
    Q5 グループポリシーを構成するには
    Q6 グループポリシーオブジェクトをリンクするには
    Q7 グループポリシーを明示的に適用するには

    1.3 管理制御
    Q8 グループポリシーオブジェクトのリンク権限を委任するには
    Q9 委任したグループポリシーオブジェクトのリンク権限を削除するには
      コラム 委任された権限の修復ツール
    Q10 グループポリシーオブジェクトの作成権限を委任するには

    1.4 継承の制御
    Q11 OU階層全体にグループポリシーを適用するには
    Q12 グループポリシーの継承を禁止するには
    Q13 グループポリシーの適用を強制するには
    Q14 複数の組織単位に同じグループポリシーを適用するには
    Q15 わかりやすいGPOを構成するには
      コラム グループポリシーは何のため? 誰のため?

    1.5 拡張
    Q16 グループポリシーの機能を追加するには
    Q17 管理用テンプレートの数が多すぎる場合は
    Q18 最新版のグループポリシーを利用するには
    Q19 異なる言語のWindowsを管理するには

    1.6 バックアップと復元
    Q20 グループポリシーをバックアップするには
    Q21 グループポリシーを復元するには
    Q22 既定のグループポリシーが破壊されたら
    Q23 グループポリシーの構成を一括設定するには
      コラム グループポリシーの構成の“エクスポート”
    Q24 セキュリティプリンシパルやUNCを含むGPOをインポートするには

    1.7 レポート機能
    Q25 グループポリシーオブジェクトの設定項目だけを表示するには
      コラム Internet Explorerセキュリティ強化の構成
    Q26 グループポリシーオブジェクトの設定項目を文書に残すには
    Q27 グループポリシーの設定結果をシミュレーションするには
    Q28 グループポリシーの設定結果を表示するには
      コラム リダイレクト
    Q29 インフラストラクチャの状態を知るには

    1.8 適用先の制御
    Q30 ユーザーにかかわらず特定のコンピューターの利用環境を統一するには
    Q31 コンピューターのセキュリティ構成を統一するには
      コラム Windows Server 2016の[セキュリティの構成ウィザード]
    Q32 特定のユーザーやコンピューターにグループポリシーの適用を除外するには
    Q33 クライアントコンピューターの要件によって適用するポリシーを変更するには
      コラム WMIとWQL

    1.9 基本設定ポリシー
    Q34 基本設定ポリシーの概要
    Q35 基本設定ポリシーの対象範囲を制限するには
    Q36 基本設定ポリシーの入れ墨効果を防ぐには
    Q37 基本設定ポリシーやセキュリティポリシーの再適用を確実に行なうには
    Q38 基本設定ポリシーを使ってレジストリ値を設定するには

    1.10 その他の設定
    Q39 SYSVOL共有の複製をFRSからDFSに変更するには
    Q40 Azure Active Directory Domain ServicesでGPOを使うには
      コラム Active Directoryドメインサービスのドメイン名

    第2章 コンピューターの構成

    2.1 コンピューターの構成の基礎
    Q41 コンピューター構成を自動化するには
    Q42 コンピューターのセキュリティ構成を自動化するには
    Q43 更新プログラムを自動インストールするには
    Q44 コンピューター起動時にスクリプトを実行するには
    Q45 デスクトップにショートカットを追加するには

    2.2 パスワードとアカウントの構成
    Q46 パスワードポリシーを設定するには
      コラム 複雑なパスワード
    Q47 アカウントロックアウトポリシーを構成するには
    Q48 Microsoftアカウントの利用を禁止するには
    Q49 ビルトインアカウントのユーザー名を変更するには
    Q50 ローカルグループのメンバーシップを自動構成するには

    2.3 セキュリティの構成
    Q51 イベントログのサイズを制限するには
    Q52 監査ポリシーを構成するには
      コラム 「アカウントログオンイベント」と「ログオンイベント」
    Q53 ユーザー権利の割り当てを構成するには
    Q54 セキュリティの互換性を構成するには
    Q55 Windowsファイアウォールの例外を設定するには
    Q56 リモート管理を有効にするには
    Q57 ログオン画面をカスタマイズするには
    Q58 ローカルファイルのNTFSアクセス許可を構成するには
    Q59 ローカルレジストリキーのアクセス許可を構成するには
    Q60 UAC(ユーザーアカウント制御)機能を強化するには

    2.4 デジタル証明書の構成
    Q61 コンピューターのデジタル証明書を自動配布するには
      コラム 証明書と証明機関
    Q62 BitLockerドライブ暗号化を構成するには
    Q63 暗号化ファイルシステム(EFS)の利用を禁止するには
      コラム EFSで暗号化されたファイルを復号キーなしにアクセスする

    2.5 ネットワークの構成
    Q64 無線LAN(IEEE-802.11)を構成するには
    Q65 Windows 10コンピューターに対してホットスポットの利用を禁止するには
    Q66 リモートデスクトップのエクスペリエンスを自動構成するには
    Q67 リモートデスクトップでシングルサインオンするには

    2.6 ハードウェアの構成
    Q68 デバイスのインストールを制御するには
    Q69 自動再生を禁止するには
    Q70 USBディスクの利用を禁止するには
    Q71 プリンターを構成するには

    2.7 アプリケーションの構成
    Q72 アプリケーションを自動インストールするには
      コラム ユーザーへの割り当て
    Q73 特定のアプリケーションの実行を禁止するには
      コラム ハッシュ値を使った制限の抜け道
    Q74 Insider Previewの利用を禁止するには
    Q75 サードパーティのアプリケーションをグループポリシーで管理するには

    第3章 ユーザーの構成

    3.1 ユーザー構成の基礎
    Q76 ユーザーの構成を自動化するには
    Q77 ログオン時にコマンドやスクリプトを実行するには
    Q78 自動ログオンを構成するには
      コラム Ctrl+Alt+Delキー

    3.2 ユーザーエクスペリエンスの構成
    Q79 スタート画面のレイアウトを強制するには
    Q80 [スタート]メニューから[すべてのアプリ]部分を削除するには
    Q81 エクスプローラーでファイルの拡張子を表示するには
    Q82 ドライブをマッピングするには

    3.3 セキュリティの構成
    Q83 コントロールパネルとPC設定のアクセスを禁止するには
    Q84 スクリーンセーバーのパスワード保護機能を強制するには
      コラム システム定義の環境変数
    Q85 ファイル名を指定して実行する機能を禁止するには
      コラム エクスプローラーからの実行禁止
    Q86 エクスプローラーでの光学メディアへの書き込みを制限するには
    Q87 削除されたファイルを直ちに削除するには
    Q88 ドライブへのアクセスを禁止するには
    Q89 ユーザーのデジタル証明書を自動配布するには

    3.4 アプリケーションの構成
    Q90 コマンドプロンプトの実行を禁止するには
    Q91 レジストリエディターの実行を禁止するには
    Q92 Internet Explorerの構成をするには
    Q93 Microsoft Edgeの構成をするには
    Q94 Microsoft Officeの構成をするには
      コラム Microsoft Azureの利用

    3.5 その他のユーザーの構成
    Q95 [ドキュメント]などの場所を変更するには
    Q96 ユーザープロファイルのアクセス許可を管理者に与えるには
    Q97 Ctrl+Alt+Delキーで表示される機能を制限するには
    Q98 PowerShellスクリプトの実行を許可するには
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    横山 哲也(ヨコヤマ テツヤ)
    1987年、日本ディジタルイクイップメント株式会社入社、SEおよびプログラマー向け教育に従事。1994年からマイクロソフト認定トレーナー(MCT)。1996年にグローバルナレッジネットワーク株式会社に移籍。主な業務は、Windows関連教育コースの企画・開発・実施。2003年から15年間連続でマイクロソフトMVP(Most Valuable Professional)として表彰される(2017年の専門分野はCloud and Datacenter Management)

    片岡クローリー 正枝(カタオカクローリー マサエ)
    SI、セキュリティベンダーの教育部門、グローバルナレッジネットワーク株式会社を経て、クラウドベンダーに勤務。主にパートナー企業に対して技術支援を行っている。グローバルナレッジでは、マイクロソフト認定トレーナー(MCT)としてWindows Serverを中心にマイクロソフト製品の教育コースを担当

    河野 憲義(コウノ ノリヨシ)
    1987年秋からIT研修の講師として従事。古くはC言語、BASIC、アセンブラなどの言語系の講習を担当。OS/2上での開発講習などを経て、1995年からマイクロソフト認定トレーナー(MCT)として現在に至る。主な担当は、Windows Server、仮想化関連など。マイクロソフトトレーナーアワードを5回受賞
  • 出版社からのコメント

    システム管理者のよくある悩みを即効解決!よく使う定番ポリシー設定を目的別に解説
  • 内容紹介

     本書は2013年に発行した『グループポリシー逆引きリファレンス厳選92』を、Windows Server 2016&Windows 10に合わせて大幅に改訂したものです。グループポリシーの基本の解説から始まり、重要度の高い、あるいは使用頻度の高いグループポリシーの設定パターンを厳選して解説しています。

    ●「改訂版まえがき」より
     本書の初版が出版されてから4年が経ちました。「ドッグイヤー」と呼ばれるIT業界ですが、Active Directoryとグループポリシーの機能は安定しており、大きな変化はほとんどありません。これは、グループポリシーの仕組みが非常にシンプルで、容易に拡張できるようになっているためです。おそらく、これからも当分は使われ続けるでしょう。
     しかし、4年の間に大きく変化した部分もあります。まず、OSのバージョンが変わりました。サーバーOSはWindows Server 2016が普及期に入り、クライアントOSはWindows 10が一般的になりました。人気の高いWindows 7はときどき見かけますが、サポートが切れたWindows XPは実質的に消えましたし、Windows 8/8.1からWindows 10への移行も進んでいます。
     そこで、改訂新版を執筆するにあたり、全面的に新しいOSへの対応を行いました。ただし、特に重要な項目や、現在の機能をより深く理解できるような項目は、旧バージョンの内容でもあえて残しています。今後の学習の手助けにしてください。
     もう1つの変化はクラウドサービスが普及し、Windows以外のクライアントが大幅に増えたことです。ただし、Active Directoryドメインサービスをクラウドで使うのはまだまだ一般的ではありませんし、Windows以外の端末(AndroidタブレットやiPadなど)にグループポリシーを適用することは現在でもできません。そのため、クラウド利用についての項目は最小限に留めています。しかし、クラウドの利用はさらに加速していますし、マイクロソフトも強力に後押ししています。もし、次回改訂の機会をいただければ、そのときは多くのページを割くことになるでしょう。
     旧版に続き、本書がクライアント管理の参考になれば幸いです。
  • 著者について

    横山 哲也 (ヨコヤマテツヤ)
    1987年に日本ディジタルイクイップメント株式会社入社、1994年からマイクロソフト認定トレーナー(MCT)。1996年にグローバルナレッジネットワーク(現トレノケート)株式会社に移籍、現在に至る。

    片岡クローリー正枝 (カタオカクローリーマサエ)
    SI、セキュリティベンダーの教育部門、グローバルナレッジネットワークを経てクラウドベンダーに勤務。

    河野 憲義 (コウノノリヨシ)
    1987年からIT研修の講師に従事。1995年からマイクロソフト認定トレーナー(MCT)として現在に至る。

グループポリシー逆引きリファレンス厳選98-Windows Server 2008~2016&Windows 7~10対応 の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP社
著者名:横山 哲也(著)/片岡クローリー 正枝(著)/河野 憲義(著)
発行年月日:2017/10/23
ISBN-10:4822253627
ISBN-13:9784822253622
判型:B5
発売社名:日経BPマーケティング
対象:専門
発行形態:単行本
内容:情報科学
言語:日本語
ページ数:284ページ
縦:24cm
横:19cm

    日経BP社 グループポリシー逆引きリファレンス厳選98-Windows Server 2008~2016&Windows 7~10対応 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!