紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得―提案・開発・プロジェクト管理編 オンデマンド印刷版 [単行本]

販売休止中です

    • 紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得―提案・開発・プロジェクト管理編 オンデマンド印刷版 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
100000009002877516

紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得―提案・開発・プロジェクト管理編 オンデマンド印刷版 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
日本全国配達料金無料
出版社:翔泳社
販売開始日:2017/09/15
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 398686位

紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得―提案・開発・プロジェクト管理編 オンデマンド印刷版 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    頓挫したプロジェクトの責任はどちらにある?要件追加でプロジェクトを中断させないためには?そもそも「ソフトウェアの不具合」って許されるの?
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    システム開発プロジェクトにおけるユーザの協力義務
    システムの要件定義とは
    業界の常識を知ること・知らせることの大切さ
    紛争の責任をベンダ側が負う場合
    ソフトウェアの不具合は不可避だが全てが許されるわけではない
    そのシステム、何のために導入したのでしたっけ?
    そのソフトウェアの不具合は瑕疵か瑕疵でないか
    頓挫したプロジェクトの責任はどこにあるのか―ユーザが協力義務を怠ったとされる場合について
    要件追加でプロジェクトを中断させないためには?
    RFPに記載するべき項目の概要
    提案者に要件を考えさせる「基本情報」
    経営方針と関連させて書く提案依頼の主旨・目的
    RFPで提案を依頼したい事項
    仕様凍結後の要件追加・変更がもとで失敗したプロジェクトの責任は?
    IT導入におけるユーザの協力義務、ふたたび
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    細川 義洋(ホソカワ ヨシヒロ)
    ITプロセスコンサルタント。東京地方裁判所民事調停委員IT専門委員。1964年神奈川県横浜市生まれ。立教大学経済学部経済学科卒。大学を卒業後、日本電気ソフトウェア(株)(現NECソリューションイノベータ(株))にて金融業向け情報システム及びネットワークシステムの開発・運用に従事した後、2005年より2012年まで日本アイ・ビー・エム株式会社にてシステム開発・運用の品質向上を中心にITベンダ及びITユーザ企業に対するプロセス改善コンサルティング業務を行う

紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得―提案・開発・プロジェクト管理編 オンデマンド印刷版 の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:細川 義洋(著)
発行年月日:2017/09/15
ISBN-10:4798154350
ISBN-13:9784798154350
判型:A5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:法律
ページ数:124ページ
縦:21cm

    翔泳社 紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得―提案・開発・プロジェクト管理編 オンデマンド印刷版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!