専業主婦は2億円損をする [単行本]

販売休止中です

    • 専業主婦は2億円損をする [単行本]

    • ¥1,43043ポイント(3%還元)
100000009002879924

専業主婦は2億円損をする [単行本]

橘 玲(著)
価格:¥1,430(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:マガジンハウス
販売開始日: 2017/11/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

専業主婦は2億円損をする [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    “専業主婦”は、日本だけの絶滅危惧種!?働く女だけが、お金も恋愛も自由も手に入れる。独身も!既婚も!男性も!必読。
  • 目次

    ●プロローグ
    <b>専業主婦は2億円をドブに捨てている</b>

    ● 1時限目
    <b>専業主婦はカッコ悪い</b>
     
    ●もはや日本にしかいない専業主婦 
    *自己紹介で「ハウスワイフ」はヤバい
    *専業主婦が感じる「引け目」
    ●やっぱり日本はダメな国!? 
    *専業主婦優遇制度はどうせなくなる
    ●日本の格差、インドの格差、衝撃の事実 
    *インドのムラ社会の女性差別
    *インドのエリート女性たちは本気ですごい
    *出産したら「もう終わり」な日本

    ● 2時限目
    <b>幸福とは好きなように生きること</b>
     
    ●いまの日本に生まれただけで、実は幸福 
    *イヤなことを断れる自由
    *依存する人生は楽しくない
    ●ひとり年収800万が幸福度マックス 
    *お金を気にせず好きに使える喜び
    *年収800万は十分目指せる金額
    *婚活よりはるかに確実な方法
    ●人生の8つのパターン、目指すべきはどれ? 
    1 プア充
    2 ソロ充
    3 裕福な引きこもり
    4 リア充
    5 ソロリッチ
    6 幸福な専業主婦
    7 貧困
    8 超充
    *2つの資本を持っていれば、とりあえず安心

    ● 3時限目
    <b>賢い女子は「好き」な仕事を見つける</b>
     
    ●どんな仕事なら稼げるか 
    *仕事の種類は実は3つしかない
    *クリエイターとスペシャリストの決定的な違い
    *責任とやりがいと、稼ぎの関係
    ●日本のサラリーマンは特殊な存在 
    *正社員と非正規は日本独特の「身分差別」
    *どんどん変わっていくサラリーマンの仕組み
    ●「安定」と「やりがい」のどちらをとるか 
    *サラリーマンは幸福度が決定的に低い
    *すべてを兼ね備えた夢の職業?
    ●転職しなければ”天職”には出合えない 
    *日本の若者に失業者はいない?
    *自分のスペシャルを見つけて生涯はたらく
    *「自分探し」と転職は全然違う

    ● 4時限目
    <b>専業主婦になりたい女子は賢い男子に選ばれない</b>
     
    ●独身者はなぜ増えるのか 106
    *結婚するしないは、稼ぎで決まってくる
    *職業と未婚率の関係
    *年収の高い女性ほど結婚しない、は本当か
    ●収入とは関係なく、結婚する人はする 
    *結婚の利点と独身の利点
    *妻子を養うのはもうツラい
    *賢い女子は共働きをアピール
    *「同類婚」が増えていく
    *アメリカ社会の二極分化
    ●男と女がわかりあえない理由 
    *男と女は好む仕事も違う
    ●恋人探しは適職探しと同じ 
    *出産と結婚がセットの日本

    ● 5時限目
    <b>専業主婦が“愛”を失うとき</b>

    ●仕方なく専業主婦になる人たち 
    *日本の圧倒的な男女格差
    *「マミートラック」という余計なお世話
    *「こんなはずじゃなかった」
    *プライスレスなものが尊い
    *家事をお金に換算するのは大間違い
    *専業主婦の家庭から愛が消えるとき
    ●賢母であれ、というプレッシャー 
    *子どもは実は、勝手に育つ
    *子育ては専業主婦の義務?
    *子どもは社会の中で育つ

    ● 6時限目 
    <b>賢い女子はニューリッチを目指す</b>
     
    ●矛盾した社会でどう生きるか 
    *スーパーウーマンですら必死
    *罠にはまらないためにどうするか
    ●子育てを外注するという戦略 165
    *家政婦はアジア各国では当たり前
    *外国で子連れではたらくという裏ワザ
    ●女性が優遇されている会社の現実 
    *自分にベストな戦略を練る
    ●会社で働かなくていいという戦略 
    *フリーエージェントなら1年に3ヶ月浮く!?
    *得意なことに専念できるメリット
    *スペシャリストの強み
    ●共働きフリーエージェントでニューリッチ 
    *老後を短くするしかない
    *「生涯共働き」が最強の人生
    *これからは女性のほうが仕事に有利

    ● 課外授業 
    <b>母子家庭というリスク</b> 
    それでも知っておかなくてはならないこと
    ●母子家庭でも生き抜くには 196
    *愛がなくてもお金はほしい
    *日本のシングルマザーの状況がひどい
    *結婚の失敗は交通事故のようなもの
    *恋愛のハードルが下がったおかげでいいことも
    *困難が大きいほど幸福感も大きい

    ●ブックガイド 

    ●あとがき
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    橘 玲(タチバナ アキラ)
    作家。1959年生まれ。2002年国際金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『言ってはいけない残酷過ぎる真実』(新潮新書)が45万部を超え、新書大賞2017に
  • 内容紹介

    47万部のベストセラー
    『言ってはいけない 残酷すぎる真実』の著者による
    衝撃の書き下ろし!

    ”専業主婦”は日本だけの絶滅危惧種!?

    働く女だけが、
    お金も恋愛も自由も手に入れる。

    ソロ充、リア充、ソロリッチ。
    あなたはどの生き方を選ぶ?
      ↓
    目指すは、生涯共働きでニューリッチ。

    ! 専業主婦はカッコ悪い
    ! 依存する人生は楽しくない
    ! 婚活よりはるかに確実な方法
    ! どんな仕事なら稼げるか
    ! スペシャリストとマックジョブ
    ! 正社員と非正規は日本独特の「身分差別」
    ! 専業主婦になりたい女子は賢い男子に選ばれない
    ! 同類婚が増えていく
    ! これからは女性のほうが仕事に有利
    ! 母子家庭というリスク

    知らなきゃ損する、100年ライフの生き抜き方 

    独身も既婚も男性も必読!。
  • 著者について

    橘玲 (タチバナアキラ)
    たちばな・あきら
    作家。1959年生まれ。2002年国際金融小説『マネーロンダリング』でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部を超えるベストセラー、『言ってはいけない 残酷過ぎる真実』(新潮新書)が45万部を超え、新書大賞2017に。近著『幸福の「資本」論』(ダイヤモンド社)など著書多数。

専業主婦は2億円損をする [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:マガジンハウス
著者名:橘 玲(著)
発行年月日:2017/11/16
ISBN-10:4838729588
ISBN-13:9784838729586
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:222ページ
縦:19cm
横:13cm
他のマガジンハウスの書籍を探す

    マガジンハウス 専業主婦は2億円損をする [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!