プラナリアたちの巧みな生殖戦略(シリーズ・生命の神秘と不思議) [単行本]
    • プラナリアたちの巧みな生殖戦略(シリーズ・生命の神秘と不思議) [単行本]

    • ¥1,51246ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年1月25日金曜日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002883039

プラナリアたちの巧みな生殖戦略(シリーズ・生命の神秘と不思議) [単行本]

小林 一也(共著)関井 清乃(共著)
価格:¥1,512(税込)
ポイント:46ポイント(3%還元)(¥46相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年1月25日金曜日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:裳華房
販売開始日:2017/11/18
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 312431位

プラナリアたちの巧みな生殖戦略(シリーズ・生命の神秘と不思議) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    生物はミステリアスでおもしろい!生き残りのための風変わりな作戦。新シリーズ第2弾!プラナリア(ウズムシ、ヒラムシ、マクロストマム)の興味深い生殖方法を知ることで、動物界における生殖戦略の多様性と共通性を学び、「性」の意味や進化について理解を深めることができる。
  • 目次

    1.プラナリアとはどんな動物?
     1.1 本書で紹介する動物について -分類学的側面から理解する-
     1.2 ウズムシ類(三岐腸目)
     1.3 ヒラムシ類(多岐腸目)
     1.4 マクロストマム類(多食目)
     1.5 プラナリアの多能性幹細胞(ネオブラスト)

    2.さまざまな動物からわかってきた「生殖」に関する共通の考え方
     2.1 配偶子(卵子や精子)をつくるための特殊な細胞分裂:減数分裂
     2.2 生殖細胞は世代を越えて受け継がれている:生命の連続性
     2.3 哺乳類の生殖方法:有性生殖に限定されていて無性生殖は行わない
     2.4 雌雄異体と雌雄同体での性淘汰について
     2.5 雌雄異体と雌雄同体の性配分について
     2.6 この章のまとめ

    3.ウズムシの有性生殖と無性生殖
     3.1 ウズムシの生殖器官について
     3.2 ウズムシの交尾行動と産卵
     3.3 ウズムシの生殖細胞の決定について
     3.4 横分裂/再生による栄養生殖型の無性生殖
     3.5 栄養生殖型の無性生殖と倍数性
     3.6 精子依存性単為生殖型の無性生殖で「不定期に生じる性」

    4.ウズムシの栄養生殖型無性生殖と有性生殖との間の転換現象
     4.1 季節によって二つの生殖様式を転換するウズムシ
     4.2 実験的有性化の歴史
     4.3 リュウキュウナミウズムシOH株の有性化系
     4.4 有性化における特異点:有性化回避不能点について
     4.5 有性化における特異点:無性生殖の停止点について
     4.6 三倍体である有性化個体の生殖方法は単為生殖型か?
     4.7 リュウキュウナミウズムシ有性個体は生殖戦略的に2タイプに分けられる
     4.8 プラナリアのテロメアの話

    5.ヒラムシ、マクロストマムの生殖行動
     5.1 武器はアレです -ヒラムシのペニスフェンシング-
     5.2 卵子にする?それとも精子? -マクロストマム・リニアーノの性配分-
     5.3 それ何の意味があるの? -マクロストマム・リニアーノの奇妙な生殖行動-
     5.4 ペニスに頭突き!? -マクロストマム・ヒストリクスの自家受精-
     5.5 マクロストマム近縁種からわかる生殖行動と精子のかたちの進化

    6.プラナリアの生き残り作戦から考える
     6.1 ウズムシ以外の栄養生殖型無性生殖と有性生殖の転換現象
     6.2 単為生殖から有性生殖への切り替え現象
     6.3 単為生殖しかしない動物がいる!? -進化学的スキャンダル-
     6.4 哺乳類が単為生殖を行わないわけ
     6.5 三倍体カエルの性
     6.6 性淘汰の観点から見るよそさまの事情
     6.7 おわりに -プラナリアに関心のある若い方へ-
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小林 一也(コバヤシ カズヤ)
    1970年、北海道生まれ。東京工業大学大学院生命理工学研究科バイオサイエンス専攻博士課程修了。博士(理学)。弘前大学農学生命科学部生物学科准教授

    関井 清乃(セキイ キヨノ)
    1982年、茨城県生まれ。スイスバーゼル大学自然科学部博士課程修了(Ph.D)。弘前大学農学生命科学部生物学科博士研究員
  • 出版社からのコメント

    無性生殖と有性生殖とを転換したり、特異な交尾行動をするなど、ウズムシやヒラムシ等に少し見られる変わった生殖戦略を紹介します。
  • 内容紹介

     体を細かく切っても、それぞれが一人前に再生する現象がよく知られるプラナリア(ウズムシ)。
     扁形動物門渦虫綱に属するプラナリアたち(ヒラムシやマクロストマムなどを含む)は、無性生殖と有性生殖とを転換したり、特異な交尾行動をするなど、ちょっと変わった生殖戦略をもっています。本書は、このプラナリアたちの生き残りのための、巧みで不思議な生殖戦略をわかりやすく紹介します。
     本書を通じて、現存する生物たちが、長い進化の歴史の中で獲得してきた生き残りのための作戦が、とても巧妙かつ多様であり、と同時に、その多様性には共通する普遍性があることを学び取っていただければ幸いです。
  • 著者について

    小林 一也 (コバヤシ カズヤ)
    弘前大学准教授、博士(理学)。1970年 北海道に生まれる。弘前大学理学部卒業、東京工業大学大学院生命理工学研究科博士課程修了。慶應義塾大学特別研究助手、チュービンゲン大学(ドイツ)博士研究員、慶應義塾大学助教・特任講師などを経て現職。

    関井 清乃 (セキイ キヨノ)
    弘前大学博士研究員、Ph.D.。1982年 茨城県に生まれる。スイス・バーゼル大学自然科学部博士課程修了。

プラナリアたちの巧みな生殖戦略(シリーズ・生命の神秘と不思議) の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:小林 一也(共著)/関井 清乃(共著)
発行年月日:2017/11/10
ISBN-10:478535125X
ISBN-13:9784785351250
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:167ページ
縦:19cm

    裳華房 プラナリアたちの巧みな生殖戦略(シリーズ・生命の神秘と不思議) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!