文化資本-クリエイティブ・ブリテンの盛衰 [単行本]
    • 文化資本-クリエイティブ・ブリテンの盛衰 [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002884689

文化資本-クリエイティブ・ブリテンの盛衰 [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:美学出版
販売開始日: 2017/11/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

文化資本-クリエイティブ・ブリテンの盛衰 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    新自由主義の時代に、世界的に見て最も成功した政策のひとつと評価されるクリエイティブ・ブリテンがもたらした黄金時代の顛末とは。クール・ジャパン、アーツ・カウンシル、オリンピック・パラリンピック、レガシー…。日本は、英国の経験から何を学びとるのか。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 「黄金時代」
    第1章 ニュー・パブリック・マネジメントのもとで
    第2章 クール・ブルタニア
    第3章 少数の人ではなく、多くの人に
    第4章 アメーバ―その所産
    第5章 目標などくそくらえ
    第6章 鉛の時代
    第7章 オリンピックノ環
    第8章 少数のために、多くの大衆のためではなく
    終章 ホワッツ・ネクスト?
  • 出版社からのコメント

    世界的に見て最も成功した政策の一つと評価される「クリエイティブ・ブリテン」がもたらした英国黄金時代の顛末とは。
  • 内容紹介

    「国は芸術を振興しない。芸術が国を振興するのである」。
    ブレア首相のマニフェストで幕明けした、芸術文化と政治の新しい関係。

    ミレニアム・ドーム建設継続の決定から2012年のオリンピックまで。新自由主義の時代に、世界的に見ても成功した政策のひとつと評価されるクリエイティブ・ブリテンがもたらした英国黄金時代の顛末とは。

    文化資本とは何か? 芸術文化の再分配は可能なのか? 
    クール・ジャパン、アーツ・カウンシル、オリンピック・パラリンピック、レガシー……と、英国を追随するかのような日本はその経験から何を学び取るのか。

    図書館選書
    2刷出来。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ヒューイソン,ロバート(ヒューイソン,ロバート/Hewison,Robert)
    1943年生まれ。英国の文化史家。シンクタンク「デモス」の仲間として文化的コンサルタントも行うなど、現代の文化と文化政策の発展に積極的に関わっている。ランカスター大学、オックスフォード大学、ロンドン市立大学の教授を歴任し、現在はランカスター大学ラスキンセンター名誉教授。ラスキン研究や現代の文化史を中心に著書多数

    小林 真理(コバヤシ マリ)
    東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は、文化経営学、文化資源学。文化政策と法、文化行政の制度や方法に関する研究を行う
  • 著者について

    ロバート・ヒューイソン (ロバート ヒューイソン)
    ヒューイソン, ロバート
    1943年生まれ。英国の文化史家。長年、The Sunday Times(1981-2016)、Art Newspaper、Apolloなどに執筆。シンクタンク「デモス」の仲間として文化的コンサルタントも行うなど、現代の文化と文化政策の発展に積極的に関わっている。ランカスター大学、オックスフォード大学、ロンドン市立大学の教授を歴任し、現在はランカスター大学ラスキンセンター名誉教授。ラスキン研究や現代の文化史を中心に、『The Heritage Industry』(1987)、『Culture and Consensus: England, Art and Politics since 1940』(1997)、『Ruskin on Venice: The Paradise of Cities』(Yale University Press, 2009)など著書多数。

    小林真理 (コバヤシ マリ)
    小林真理
    東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は、文化経営学、文化資源学。文化政策と法、文化行政の制度や方法に関する研究を行う。主な著書に『文化権の確立を目指して―文化振興法の国際比較と日本の現実』(勁草書房・単著)、『アーツ・マネジメント概論』(水曜社・共著)『指定管理者制度―文化的公共性を支えるのは誰か』(時事通信社・編著)、『公共劇場の10年―舞台芸術・演劇の公共性の現在と未来』(美学出版・共編著)、『行政改革と文化創造のイニシアティヴ―新しい共創の模索』(美学出版・編著)がある。

文化資本-クリエイティブ・ブリテンの盛衰 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:美学出版
著者名:ロバート ヒューイソン(著)/小林 真理(訳)
発行年月日:2017/11/10
ISBN-10:4902078481
ISBN-13:9784902078480
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:323ページ
縦:21cm
横:15cm
その他: 原書名: CULTURAL CAPITAL:The Rise and Fall of Creative Britain〈Hewison,Robert〉
他の美学出版の書籍を探す

    美学出版 文化資本-クリエイティブ・ブリテンの盛衰 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!