就学前教育の計画を学ぶ [単行本]
    • 就学前教育の計画を学ぶ [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002890181

就学前教育の計画を学ぶ [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ななみ書房
販売開始日: 2017/12/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

就学前教育の計画を学ぶ [単行本] の 商品概要

  • 目次

    第1部 理論編
    第1章 教育課程とは
      1 教育課程・全体的な計画(保育課程)および指導計画はなぜ必要か
      2 乳幼児期における教育課程・全体的な計画(保育課程)とはどのようなものか
        1 保育の基盤となる理想の子ども像(教育・保育目標)は
        2 理想の子ども像(教育・保育目標)に達成するための道筋
        3 保護者や地域の人達へ園のアピールをしよう
        4 教育・保育実践の評価をするときに /カリキュラム・マネジメント/
        5 教育課程・全体的な計画(保育課程)を編成する要件
          1 保護者の願い,地域の実情
          2 社会の変化 /社会に開かれた教育課程/
        6 教育課程の実際
      3 教育課程の歴史的な変化
        1 学校教育における教育課程とは
        2 教育課程,カリキュラムとは
        3 教育課程の歴史的背景
        4 新しいカリキュラムの考え方
      4 乳幼児期の教育・保育では
    第2章 さまざまな教育課程
           /幼稚園教育課程・保育所保育課程の歴史を学ぶ/
      1 幼稚園教育課程・保育所保育課程の変遷
        1 戦前の幼稚園教育の考え方
          1 幼稚園教育の始まり
          2 幼稚園保育及設備規程(1899[明治32]年)
          3 幼稚園令(1926[大正15]年)
          4 託児所・保育施設の始まり
        2 戦後の幼稚園教育課程,保育所保育課程
          1 保育要領(1948[昭和23]年)
          2 幼稚園教育要領(1956[昭和31]年)
          3 幼稚園教育要領(1964[昭和39年)と
             保育所保育指針(1965[昭和40]年)
          4 幼稚園教育要領(1989[平成元]年)
          5 幼稚園教育要領(1998[平成10]年)
        3 幼稚園教育要領,保育所保育指針(2008[平成20]年)
          1 幼稚園教育要領の改訂
          2 保育所保育指針改定の歩み
        4 幼保連携型認定こども園教育・保育要領(2014[平成26]年)
        5 現在の幼稚園教育要領,保育所保育指針,幼保連携型
           認定こども園教育・保育要領(2017[平成29]年告示)
      2 さまざまな教育課程・全体的な計画(保育課程)
          /保育実践の理論化,構造的把握について/
    第3章 幼稚園の教育課程とは
      1 法律に示されている幼稚園教育の目的
      2 法律に示されている幼稚園教育の目標
      3 新幼稚園教育要領にみる新たな幼稚園教育の考え方
      4 教育課程の編成の例 /同じ教育目標を持つ同一学園の二つの園の場合/

      5 教育・保育実践の振り返りと教育課程の見直し /カリキュラムマネジメント/
      6 全教職員の共通理解及び保護者への公約
    第4章 保育所の全体的な計画(保育課程)とは
      1 全体的な計画(保育課程)の作成
      2 全体的な計画(保育課程)を理解する法律的要件
        1 憲法,児童福祉法,児童憲章,児童の権利に関する条約
            (子どもの権利条約)などの基本的理解
      3 全体的な計画(保育課程)と指導計画
        1 保育における計画の持つ意味
        2 全体的な計画(保育課程)の基本的内容
        3 全体的な計画(保育課程)と指導計画との関係
        4 指導計画の内容(要素)
      4 全体的な計画(保育課程)の実例 /園全体の考え方=理念,方針,目標/
          実例 D保育園の全体的な計画(保育課程
             E保育園の全体的な計画(保育課程
      5 保育実践の評価と記録
        1 評価の意味
        2 全体的な計画(保育課程)から指導計画への循環性
        3 指導計画は仮説でもある
        4 保育実践における記録の意味
      6 保育所としての自己評価と地域・保護者への情報開示
        1 保育所としての自己評価
        2 地域・保護者への情報開示
    第5章 幼稚園・保育所の生活と乳幼児の理解
      1 乳幼児期の生活
      2 保育の場での発達と一人一人の乳幼児の理解
      3 環境を通しての教育
      4 遊びを通しての教育 /その中の保育者の意図は?/
      5 主体的・対話的で深い学びのために
      6 幼児期の学びと小学校の学び /学びの連続性/
    第6章 教育課程・全体的な計画(保育課程),指導計画を考える上で共通に必要なこと
      1 幼稚園教育要領における5つの領域/2018年施行に盛り込まれた点/
        1 健康の領域
        2 人間関係の領域
        3 環境の領域
        4 言葉の領域
        5 表現の領域
      2 小学校との連携 /幼児期の終わりまでに育ってほしい姿/
      3 延長保育,預かり保育
      4 保護者・地域との連携,子育て支援
    第7章 全体的な計画(保育課程),指導計画を考える上で必要なこと
      1 乳児保育(0歳児保育)に関わるねらい及び内容
        1 基本的事項と新たに示された3つの視点
        2 ねらい及び内容
      2 1歳以上3歳未満児(1歳児,2歳児)の保育に関わるねらい及び内容
        1 基本的事項

        2 ねらい及び内容
      3 全体的な計画(保育課程)・指導計画の具体化をめざすために
          /保育内容・方法を考える/
        1 保育所の役割としての「養護と教育の一体性」ということ
        2 乳児保育(0歳児,1歳児保育)について配慮すること
        3 3歳未満児保育および健康・安全面での配慮
        4 子どもの主体性を尊重する保育
            /0,1,2歳児保育においてこそ大事にしたい視点/
     第2部 編成・作成編
    第8章 教育課程の編成から長期の指導計画へ
      1 教育目標を設定する
        1 現在の状況を分析する /今の保育で良いのか/
        2 理想の子ども像は
        3 子どもの実際の育ちはどうなっているだろうか
        4 地域や社会の変化,保護者の願いについて考えてみる
        5 教育目標の再設定
      2 教育課程を編成する /長期の指導計画の作成へ/
        1 教育課程の編成
        2 長期の指導計画の作成
      3 教育課程・全体的な計画(保育課程)と指導計画の関係
      4 指導計画の指導とは
      5 長期の指導計画 /行事予定表を超えて/
    第9章 短期の指導計画の作成
      1 短期の指導計画 /毎日の保育をデザインする/
          1 B幼稚園の週日案と日案(3歳入園当初)
          2 C幼稚園の週日案と日案
      2 指導計画の作成の手順と実践・評価
      3 振り返り /モニタリングとアセスメント/
      4 記録のとり方と評価(振り返り)についての新しい動向
    第10章 全体的な計画(保育課程)を編成し,指導計画を作成する
      1 全体的な計画(保育課程)(0歳児~2歳児)を作成する
      2 全体的な計画(保育課程)の具体化=指導計画の作成
        1 0歳児~2歳児,指導計画の作成に向けて
        2 年,月,週,日課などの指導計画(0歳児~2歳児)
          年間保育計画例(0歳児 F保育園)
          月ごとの指導計画例(0歳児 G保育園)
          日課例(0歳児 H保育園 月齢別の生活,睡眠を中心に)
          2歳児の指導計画例 (J保育園 月の指導計画,週の指導計画)
     第3部 実践・評価
    第11章 指導計画の実践
      1 指導計画を実践する
        1 保育者の動き,言葉かけを具体化する
        2 子どもたちの動きを予測し対応を考える
        3 環境の再構成
      2 保育を振り返る
        1 指導計画との関連で振り返る意味
        2 幼児理解を深める

        3 適切な教材選択をする
        4 環境構成を検討する
        5 援助を見直す
    第12章 教育課程・指導計画のPDCAサイクル
      1 教育課程・全体的な計画(保育課程)の見直し
        1 幼稚園教育要領,保育所保育指針,幼保連携型認定こども園
            教育・保育要領との関連で
        2 園の方針との関連で
        3 地域の環境,園の環境との関連で
        4 子どもや保護者の実態との関連で
        5 職員研修との関連で
        6 学校評価との関連で
      2 指導計画のPDCAサイクル
        1 保育実践の充実を図るために
        2 記録の意味とその活用
        3 短期・長期の見通しの中で
        4 指導要録・児童要録
      資 料
       教育基本法   学校教育法(抄)   児童福祉法(抄)
       幼稚園設置基準   児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(抄) 
       幼稚園教育要領   保育所保育指針(抄)   幼児期の終わりまでに
       育ってほしい姿   幼保連携型認定こども園教育・保育要領
  • 内容紹介

    新しい幼保連携型認定こども園制度では、多様な社会に合わせた保育形態を取入れ実践するために、従来の幼稚園教育要領および保育所保育指針を改訂する共に、保育課程を改め「教育及び保育に関する全体的な計画の作成」を行わねばならない。今までの保育所では、子どもたちの在園時間や日数は画一的に設定されていたが、これらの異なる子どもたちが同じ園で活動をするときに、整合性を確保させるにはどうしたらいいか、子どもたちだけでなく、子育て支援のあり方も同時に策定していくため、新たな法令に即した1冊。

就学前教育の計画を学ぶ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:ななみ書房
著者名:松村 和子(著)
発行年月日:2018/02
ISBN-10:4903355748
ISBN-13:9784903355740
旧版ISBN:9784903355313
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:教育
言語:日本語
ページ数:193ページ
縦:26cm
他のななみ書房の書籍を探す

    ななみ書房 就学前教育の計画を学ぶ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!