会計学の誕生―複式簿記が変えた世界(岩波新書) [新書]
    • 会計学の誕生―複式簿記が変えた世界(岩波新書) [新書]

    • ¥85826ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002890186

会計学の誕生―複式簿記が変えた世界(岩波新書) [新書]

価格:¥858(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日:2017/11/24
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 112820位

会計学の誕生―複式簿記が変えた世界(岩波新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    会計―現代の必須スキルの一つと言われながらもついつい敬遠してしまう。本書は中世イタリアの商人たちの帳簿、近世オランダや近代イギリスの簿記書を紹介しながら、財務諸表の誕生とその本質を探る。複式簿記から、貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書に至るまで、八〇〇年にわたる会計の世界。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 複式簿記のルーツを探る―ルネサンス前夜
    第1章 複式簿記の誕生―債権債務の備忘録
    第2章 複式簿記の完成―有高計算を帳簿記録で検証
    第3章 世界最初の簿記書とその後の進化―年次決算の確立に向けて
    第4章 会計学の誕生―決算書類の登場と会計士
    第5章 キャッシュ・フロー計算書―利益はどこに消えたのか
    終章 会計の本来の役割―会計学と経済学の違い
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    渡邉 泉(ワタナベ イズミ)
    1943年神戸市に生まれる。関西学院大学商学研究科博士課程満期退学後、大阪経済大学専任講師、助教授、教授をへて、日本会計史学会会長、大阪経済大学学長を歴任。現在、大阪経済大学名誉教授、商学博士。専攻は会計史

会計学の誕生―複式簿記が変えた世界(岩波新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:渡邉 泉(著)
発行年月日:2017/11/21
ISBN-10:4004316871
ISBN-13:9784004316879
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:経営
ページ数:213ページ
縦:18cm

    岩波書店 会計学の誕生―複式簿記が変えた世界(岩波新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!